スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大雪山国立公園で感じたこと

4年ぶりくらいに沼ノ原を訪れた。

100804daisetu101.jpg

※GPS実測図。背景は1/25000地形図




登山口から尾根に取り付くまでの登山道は付け替えられていた。

100804daisetu102.jpg


これまでは河原歩きだった記憶があるが、



地形図上で2箇所の流れを渡るポイントは
木橋だったか徒渉だったか、良く覚えていない。




新しいルートは川に沿った斜面につけられ登り返しがあるので、
個人的にはあまり好きではないが、


わざわざ森を切り開いて作った新しいルートも、最後はおそらく倒木だろうか、
最後は丸木橋で渡ることになっていた。


その先のえぐれて木の根がむき出しになった急登が解消された訳ではなかった。。。



100804daisetu1.jpg

ちなみに登山地図で点線ではなく実線のルートだ。


沼ノ原では木道は最初の方は新しく付け替えられていたた、
奧は相変わらず朽ちたまま。

100804daisetu4.jpg




そして大沼のキャンプ指定地は、看板こそ新しくなったものの、トイレもなく、沼は増水して
キャンプ場は冠水し「本当にここがキャンプ指定地なの」と疑うほど...。

100804daisetu2.jpg

うーん、これでは水に浮く浮島テント以外でなければ、
その辺の植生の上で張ってしまいますね。。。


登山道整備にしろ、橋の整備にしろ、「中部山岳国立公園」と比べてみても天と地の差ほどある。
あるいは別の言い方をすると三頭山があり東京都内にある「都民の森」と比べてみても...。
かなりの「差」を感じるのは否めない


新しいルートにせよ、やはりぬかるんで泥だらけの場所もある。
100804daisetu3.jpg



少し前から「国立公園」の管理を国から地方へと移すなんてことが議論されていたこともあるが、
現状でさえ、この状態なのだから、このまま管理体制が都道府県に移ってしまうと、



カネのない都道府県では「財源不足」を理由に
雪田草原など脆弱な植生は整備もほとんどされることがなく
ますます自然荒廃が進むのではないか?と危惧している。


アメリカでは各州ごとに自治色が強い中にあって、国立公園は内務省の管轄で
入るのに入園料もかかり、公園内ではレンジャーは連邦警察なみの権限が与えられるなど


運営は国でしっかりとやっている。


そりゃ、無駄のない小さな政府というけど
アメリカでも国防や文化遺産の保護、国立公園など自然保護の部分は
むしろ大きな政府のようだ。



やはり日本でも国立公園など優れた自然は国でしっかり管理してほしいものだと感じる。




テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

22 : 00 : 51 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

民主大敗でも環境政策は前進

民主大敗でも環境政策は前進? 鍵を握るのは公明、みんな
引用:エコジャパン(日経BP)



上記記事より一部のみ抜粋します。


民主党が参院選で大敗し、「ねじれ国会」の状態が再発。最悪の場合、与党の法案が1本も通らない事態さえあり得る。

 しかし、地球温暖化対策基本法案に関しては別だ。審議途中で廃案となったが、次の臨時国会で意外に早期に可決される可能性がある。しかも、より積極的な内容に修正されたうえで、だ。

 環境政策に関しては公明党、みんなの党の考えは民主党にかなり近く、両党とも修正協議次第で協力する可能性を否定しない。

(途中省略)

再生可能エネルギーの全量買い取り制度や排出量取引制度、温暖化対策税に対する考え方は、民主党との間にそれほど大きな差はない。再生可能エネルギーの活用は我々も重視している。2008年、日本は化石燃料の輸入に24.5兆円も使った。これを足元の再生可能エネルギーで賄うようにすることは非常に重要だ。

(途中省略)

民主党の政策で十分な説明がないと感じるところは、「25%削減すれば経済は成長する」という部分。それだけでは成長しない。特に国内だけでやっていては絶対に無理だ。「25%削減を掲げて、しかし国内だけではできないから海外でもやる。それを日本の成長につなげる」となれば考え方は同じ。みんなの党として温暖化対策基本法案への対案を出し、議論していきたい。





kazが太陽光発電を導入し、

太陽があればエネルギー(電力)は簡単に作れ、その副産物としてにCO2も簡単に削減できると
確信できるようになりましたが、


エネルギー自給と、化石燃料に翻弄されている日本経済に関して衝撃的な数字でした。



化石燃料の輸入に24.5兆円も使った



という事実。


24.5兆円といえば、日本の国家予算の1/3近くですね。




もし仮に、太陽エネルギー型社会であれば、
これだけの額の国益がアラブやロシアなど産油国から


日本国内で環流し、
社会保障、環境保全や社会インフラ整備などにあてることが可能でしょう。



最近ではインドや中国など新興国において原油や食料、
資源などの旺盛な需要の伸びは知られるところですが、


その中国でもEV、太陽光発電などメーカーが次々生まれ
世界市場で台頭し始めています。



日本も「原油はまだある」などという
薄甘い期待のまま思考停止をせず、

ラディカルに太陽エネルギー型社会へ大きく舵切りをしてほしいものです。





テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

16 : 26 : 33 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

地球温暖化と深層崩壊

旅先で見たニュース番組

NHKスペシャル『深層崩壊が日本を襲う』


台湾の小林村という人口500人ほどのが大規模な土砂崩れに飲み込まれ
住民500人が一瞬で犠牲になったという。



ハザードマップにも示されてなかった緩傾斜地で、
地層の奥深くからえぐれるように起きた土砂災害。
これが最近耳にするようになった「深層崩壊」だ



原因は異常なほどの降水量をもたらす集中豪雨という。



現在、化石燃料の大量消費など人類がもたらしたとされる地球温暖化によって、
世界規模で集中豪雨や、ハリケーンや台風がより強力化していると言われている。



今回、深層崩壊で埋まった台湾の小林村に限らず、
インド洋に浮かび海面上昇で水没の危機にある小国、ツバル諸島にしろ、


kazは常々感じているが


この手の自然災害で犠牲になるのは、
ニューヨークのウォール街や東京の永田町など
世界の金融、政策決定の中心ではなく


大量消費社会から比較的離れ、
むしろ自然と共存しているような質素な地域が多いようだ。



番組ではより突っ込んだ見解は示されることはなかったが
kazが改めて考えたこと


それは、やはり太陽光発電を始め、蓄電技術、電気自動車など
「脱化石エネルギー」技術、産業のさらなる普及促進、実用化が
全世界的に求められれているということ。


現実的にはすぐにはクルマの使用をやめるのは難しいかもしれない。


だが、出来るだけ早くその自然エネルギー利用に基づいた
サステイナブルな社会を実現させること



それでしか犠牲者の魂は癒されないし、
今後もこのような犠牲は増えるのではと感じる。



※放送の翌朝、青空と緑が印象に残った三ッ峠からの富士山の画像です。

100704mitutouge.jpg


テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

18 : 44 : 06 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

環境だけで「環境」は推進できない(日経ビジネス)

地球温暖化対策基本法案の策定に対し、
鉄鋼連や電事連など産業団体が対決姿勢を強めているなどのニュースが報じられるなか


温暖化対策は必ずしも
環境対策=コスト負担増大とならない


ことは、KAZが以前から
このサイトで発信してきましたが


今回この論点で非常によくまとめられている記事があり、
Kazの考えに近いと感心したので紹介したいと思います。


環境だけで「環境」は推進できない">環境だけで「環境」は推進できない

引用HP:2010年3月2日配信 日経ビジネス


読むと中国では2020年まで全自動車の80%を電動化する計画があるそうです。

太陽光発電を初めとするクリーンテックでも、
強化するべくアメリカと関係性を深めているとのこと

両国は国家資源・エネルギー安全保障政策面からも急速に推し進めているそうです。




さて、翻ってこの日本。
技術はあるのだから

もっと自然エネルギー、グリーンテックの
普及に対し大胆な政策をとって
国としてのビジョンを示してほしい。


いや、いっそのこと
原油が枯渇してしまうのが一番か!?


でも、枯渇しても日本の技術ならなんとかなると思っています。

テーマ:環境ニュース - ジャンル:ニュース

01 : 07 : 08 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

チャレンジ25

先日15日kazの元に案内メールが届きました。
今回はその内容の話となります。

kazは2007年から「チーム・マイナス6%」に参加してきましたが


※ただし「エコに気を遣っています」と自信を持って(?)言えるなったのは
太陽光発電システムを導入してからなんだけど。。。



で、今度その国民的運動が、
「チャレンジ25キャンペーン」
と変わるとのこと。



※参考:環境省HP
http://www.challenge25.go.jp/index.html


1990年比温室効果ガス25%削減に向けて始動だそうです。



>チーム・マイナス6%のチーム員の皆さまには、引き続き、新しい国民運動
>「チャレンジ25キャンペーン」の『チャレンジャー』になっていただきたく
>ご案内しております。


と案内内容のことで
kazも一応継続して会員になりました。





さてこのチャレンジ25ですが、
「国民的運動」として気になったことが一つ



従来のこのロゴ

100122-6.gif

これは家電製品から、名刺、HPまで
地球から伸びる横線を伸ばして上下にメッセージを書き入れる
などかなり浸透して親しまれている(?)と思うので



出来ればこの基本デザインは生かした方が良かったのでは...と感じます

100122-25.jpg

※新しいロゴ
まだ見慣れませんね~。



さてまあ、デザインはともあれ



この25%、一体実現可能なのか?
実は以前のマイナス6%の時でも、1990年比マイナス6どころか、プラス7%くらいでずっと推移し


直近の金融危機にともなう不況で
産業部門が大幅に減産などの影響で、多少下がったものの1.8%増


で2008年の第一次約束期間は未達成とのこと。
しかも家庭部門は1990年比プラス40%ほど増加しているという。



現状このままでは相当キビシイ???

と言えそうです。




さて、国益に結びつつ、本気で25%削減を実現するため
今後の大胆な政策に期待したいところですが...



個人的にはアラブやロシアが焦り出すくらいの標語

「グリーンエネルギー革命」

を掲げるぐらい、相当ラディカルでないと実現不可能だと思うんだけど...。


具体的には


・太陽光発電の大幅な生産拡大、導入
・トラックやバスまでも含んだEV化(長距離にはバッテリースワップ方式か?)
・同じく国家政策としてさらなる太陽電池と蓄電池技術の向上


でしょうか.




温暖化防止など環境面でも重要だと思いますが
景気浮揚や健康面(EV=排ガスがない)からもきっといいことがあると思います。



昔の高度経済成長の時代と
現在とでは世界情勢なども全く異なるので



化石燃料を頼り切った構造からのパラダイムシフトを進めないと
資源が乏しいこの国は


ますますジリ貧となり、10年後、20年後に
やがて重大局面を迎えることになるのでは、と危惧しています。



が、まあそれに対抗する動きも当然あるわけで
今後の環境エネルギー技術に期待していきたいと思います。

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

00 : 41 : 10 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

白馬取材:冬らしくならず

取材で白馬村へ。

白馬村から望む朝の五竜岳
091210happouone2.jpg

スキー場がオープン前のゴンドラに乗り込んで八方尾根へ。


同行は編集者のMさん、ライターのDさん、
それに地元白馬村の山岳ガイドKさん、京都から参加のモデルのKさん。

バックカントリーの記事の技術編の撮影だ。



実は1先週、12月の第1週に行われる予定だったのが延期になったとのこと。

雪が少なく取材が厳しいとのことだった。


しかし、その後雪はあまり降ってなく、
もう、延ばせず何とか工夫して取材するしかないとのこと。

そして、八方池手前でなんとか工夫して撮影。

「昨年は11月22日にはもうスキー場がオープンしていた。この状態はまるで例年の11月上旬のようだ」
とKさん。
091210happouone1.jpg

温暖化の影響からだろうか、
最近は冬が冬らしくないといわれている。

今年はどのような冬になるのだろうか?
14 : 31 : 02 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

蝦夷子鹿ロース

かなり遅れてだが、6月に刊行した

高山植物ハンディ図鑑

の慰労会をひっそりと、小学館の担当編集のKさんと、デザイナーのIさんと行った。
091022shika3.jpg

神田にあり
パスタの美味しいイタリアンレストラン。
トラットリア・テスタドゥーラ



前菜からパスタ、メインディッシュといろいろ選べるコースだったが


なんとシカ肉料理があるとのことで食べてみた。

091022shika13.jpg



産地を聞いたところ
エゾシカなので北海道産であり
北海道の業者から仕入れているが、
道内のどこかまでは分からないとのこと。


しかし子鹿なので、養鹿場の施設があるところだろうか?
とりあえず、ロースで注文してみた。

手の凝った味付け、調理をしないロースは
素材自体の美味しさが引き出せるが

よほどクオリティに自信がなければメニューに出せないだろう、


と考えたからである。

ミクニサッポロのエゾシカロースは、
これまで食べたシカ肉料理のなかでも最高峰といえるものだったが



今回のこの子鹿も肉が軟らかく、もちろん臭みなどまったくなく
ミクニに勝るとも劣らない印象だった。

091022shika2.jpg

価格は3675円だった。
牛や豚よりは設定は高めだが、価格以上の価値があると言える。



蝦夷子鹿のロース肉など、滅多に食べられるものではない。
最高級のジビエだからだ。



首都圏に住んでいて、さすがに北海道までは足を伸ばすのはちょっと...いう方も
ここのエゾ子鹿ロースなら十分食べる価値があると言えそうだ。


全国的に増えすぎたシカにより、食害など生態系への影響が増大しています。
しっかりと食肉処理され、流通にのった美味しいシカ肉を食べることが
生態系バランスの保全と、地域振興に役立ちます。

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

09 : 52 : 25 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

環境家計簿

「環境家計簿」
という聞き慣れない言葉が、

ここ最近のエコ意識の高まりでにわかに注目されているという。



そのようななか、面白いサイトを見つけて、
その「環境家計簿」を、実際につけてみた。

http://carbonfree.jp/200.html

県別にフォームが用意されているのは、電気は電力会社によって燃料の比率が異なるからか。


ちなみに東京電力の場合、柏崎原発の地震による原子炉の運転停止による影響のため
東京湾の臨海部にある火力発電所がフル稼働という状況になり、
そのためCO2は逆に増えているというのは皮肉なところ。


この係数が最も高いのは中国電力で0.677、最も低いのは関西電力の0.366だ。



記入項目は7つだけで良い。全て年間の使用量となり

・電気
・都市ガス
・LPガス
・水道
・灯油(ヒーターなど「)
・ガソリン(自動車など)
・ゴミ(可燃ゴミ)


のそれぞれ使用量×CO2排出係数=CO2排出量となる。

ちなみに東京都の場合

・電気....................................kwh×0.425
・都市ガス............................m3×2.21
・LPガス...............................m3×6.5
・水道....................................m3×0.70
・灯油(ヒーターなど)...............L×2.5
・ガソリン(自動車など)..........L×2.3
・ゴミ(可燃ゴミ)......................kg×0.34


となる。

kazの場合
電気は太陽光発電システムにより、これまでの自給率は120%くらいだが、
この先冬期間は100%割り込む可能性も念頭に入れ



年間予測発電量を、これまでの発電結果(4ヶ月間で2081kwh)から約6000kwhとして、
自給率を110%と仮定し、使用電力量は5500kwh

よって

電気...-212kg

ガスと灯油は使用する予定もないのでゼロ


水道...200×0.70=140kg
ゴミ...150×0.34=51kg


2010年1月、訂正です。冬季の暖房として灯油ファンヒーター、この冬は復活してしまいました。
11月、12月で68リットル使用しています。


そしてガソリン、
こちらは年間若干多めながら2万キロとし、燃費12とすると
1666Lとなり、

1666×2.3=3831kgとなった

合計で3809kg、
つまり3.8トン

ちなみに
一般家庭の排出量の平均は年間5.2トン
という。


もし、太陽光発電システムを導入していなかったら排出量は2.37トン増え
6.2トンとなっていただろう。



考察としては

平均よりは少なかったが、劇的に少ない訳ではない。
それでも太陽光発電システムにより、電気に関する項目はマイナスに。全体で約4割、Co2は削減している。

とはいえ、やはりというか排出のほぼ全て車が占めていたことがわかった。


.......................................................................................................★



さて、ここにきて政府、民主党政権はガソリン税を下げたり、高速無料化などと政策を打ち出してきている。


その政策が本当に低炭素社会に向けた建設的な取り組みになるのか、
かなり怪しい。
今だけ楽しく享楽してれば、後の世代にツケを回してもいいやと...。



ガソリンに関しては先日、ヨーロッパへ出張した時にも気づいたが、
日本のガソリンは先進国でも今や高くはない。
実際に4番目に安い方だという。
※アメリカが最安。



環境面はもちろん、国家の「エネルギー資源戦略面」から見ても、
化石燃料への依存は低い方が望ましい。



ガソリン税を下げるなら、その分環境税を導入し、電気自動車の普及に向けたインフラ作り、
2次電池の研究開発に回すのが本筋ではないだろうか?




同様にエコカー減税に関しても一言



T社の大型高級ワンボックスカーは燃費がリッター9くらいなのに
75%や50%のエコカー減税の対象となっている。



本当と意味でのエコだとリッター10を切る車は減税どころか、
増税でもいいのではと感じる人、少なくないと思う...



エコカー減税は来年度、見直しがあるとのことだが、
電気自動車かハイブリット、プラグインハイブリットのみ対象とか
厳格化してもいいくらいだろう。



その方がのちのち、
メーカーの次世代エネルギー車の開発競争に拍車がかかり
国のエネルギー転換政策でも有利となり


将来的にこの国の人々も、より大きな恩恵に与れるとおもうのだが...


でも、まあ国の財源不足が表面化し、ガソリン税も高速無料化についても
安易な政策決定には至らないだろう。

.......................................................................................................★


kazもチェックしてみて
早く、太陽電池で充電した車に乗りたいなという気持ちになりました。
手の届く価格で、実用的なのが前提ですが、日本の技術力なら実現も可能と信じています。




テーマ:地球温暖化・地球問題について考えよう。 - ジャンル:ライフ

23 : 46 : 30 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

地球温暖化防止展

少し前ですが16日(金曜日)
ファミリーで横浜へ出かけました。


パシフィコ横浜で
「地球温暖化防止展」という展示会が開かれていて、
少し覗いてみたのです。
091019tikyuonndannka2.jpg



広い会場にはブースが100以上。
いろいろな「うちエコ」に関する展示があるかな...と期待したのですが、


どうも環境技術の法人向けがメインのようでした。
まあ、どうもまだ第1回だから、これからか...。


それでも
太陽光発電システム、やLED照明、窓用断熱シート、断熱塗装など
住宅関連の個人向けの展示もあるのに加え


環境省や経済産業省も展示を出していていました。


091019tikyuonndannka1.jpg
こちらは創意工夫賞100点(?)
レフ傘のように太陽の光を反射して熱で米を炊くという装置
アフリカなど途上国では重宝しそう。


最近気になっている「蓄熱式暖房機」は展示がないようで残念。
窓に貼る断熱フィルムは、

夏涼しく、冬に暖かいという特性を持つものもあり
KAZも導入したいところ。

何しろソーラーこそ入れているものの、在来工法で断熱・気密性能やら、床暖など
あまりこだわらなかったので...。



当日多くの資料とともに、会場でもらったのがこちらの

ソーラーカモメ
091019kamome1.jpg


プラモデルで太陽電池が背中にあり、
60W以上の白熱灯か、太陽光で羽ばたくというもの。

091019kamome2.jpg

ディスプレイ用のワイヤーが頼りなく、すぐ倒れるのが少しいただけない。



試しに日光に当てたところ、動いてlynnは「かもめちゃん」と興味津々

091019kamome3.jpg

イーケイジャパンという会社で販売しており、
子供たちに太陽電池の興味をひかせるのには良い教材になるか。


しかしその後故障か?ほどなく動かなくなってしまいました...。
まあ、もらい物だからいいけど...。

テーマ:地球温暖化・地球問題について考えよう。 - ジャンル:ライフ

23 : 31 : 57 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Reindeerのシカ肉

やや遅くなりましたが、

北欧のシカ肉事情について。
野生シカの仲間である、カリブーの仲間のReindeerという、
シカの肉製品について続きをアップします。




購入した場所はフィンランドのヘルシンキの空港免税店です。
ヨーロッパではシカ肉はジビエとして高級肉に分類されていますが



実際に免税店でもシカ肉の専門コーナーがあり、
20種類くらいの肉が取りそろえてありました。


スモークに近い?ような印象のハムとサラミを購入。
091015shika2.jpg

両方で2500円くらいだった。

サラミをスライスしてみると

091015shika1.jpg

正直サラミはかなりうまい。
しかしシカ肉に「こんなに脂身多かったかな?」というのが率直な印象だ。
クセはほとんどなく食べやすく、ビールとのつまみにバッチリだろう。



これに対しハムの方は脂身が少なく、日本のハムとはかなり印象が異なる。
ハムエッグにしてみたが、あまり合わないようだ。

ライ麦パンに挟んでサンドイッチのように食べるのがいいのかもしれない。

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

00 : 07 : 23 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。