スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

積算走行2万km「本気のハイブリッド」

6/12~6/14で東北取材。

その間の6/14に、昨年9月に導入した30プリウスの積算走行距離が2万kmに達しました。

120614prius1.jpg



場所は秋田県大館市の国道7号線沿い。


120614prius2.jpg


その後の八幡平で

120614prius3.jpg


15日給油時点で

・走行距離 20783km
・積算給油量864リットル(一番最初の満タン給油は除く)
燃費は満タン法で24km/リットル



とりあえず、当初の

「前車レガシイの燃費11.6km/リットルのほぼ倍となる24を目指す」
との目標は達成しました。



参考:2011年9月1日記事:ハイブリッドカー導入




新車から2ヶ月ほどは22~23km/リットル(メーター表示、実際は1.5km/リットルほど低め)
の表示で、これは少し厳しいかなと感じたのですが、

車は新車から5000kmほどを過ぎるとエンジンのフリクションロスなどが
とれて燃費が上がるとの評判通り、

ハイブリッド車の特性なども分かり始め
「滑空」など省燃費運転のコツもつかみつつ、


※エンジンを回す時は回すが、止める時は止めるとか。


その後、向上し続け、最近は25km/リットル前後。
特に6/11は白馬取材~八ヶ岳美濃戸~家では551km走行し、給油量は20.36リットル。
満タン法燃費では27.08kmを記録しました。


特に最近はガナドールの燃費向上マフラー
(音はほとんど同じで大きくないが、パワーが上がるので少ないエネルギーで済む)
とBSの「エコフォルム」省燃費用軽量ホイールは一定の役割を果たしていると思います。


導入から約10ヶ月。
導入前のレガシイの時は年間2万キロちょうどだったので
ややペースが早めになりましたが、これは複数で行く場合、

kazの車が一番燃費が良いため、どうしても使用頻度が高くなりがち。




同時にプリウスでのこれまでのガソリン代は11万8000円だったので、
レガシイの時と比較し約12万円節約できた計算に!


周りを見ていると特に多摩地域では、
プリウスユーザーは比較的、余裕が出来て、環境意識が高い、高年齢層が多いように見えます。
※特に前の20型

しかし



「本気のハイブリッド」


と呼ぶところでしょうか。



山など頻繁に行くのに使い、距離もそれなりに走る、アクティブな若い年齢層こそ
燃料コスト削減に大きく寄与するのでお勧めしたいところです。


※データは3月に10日間モニター使用で借りていたプリウスPHVの分は外して計算しています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エコカー - ジャンル:車・バイク

21 : 32 : 53 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<駒止湿原 | ホーム | 巣立ち>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/994-39b94ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。