スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

プリウスPHVレポート3:街乗りでのEV走行可能距離

プリウスPHVモニター使用4日目は1日、家で仕事。
昼過ぎに買い物などに出かけてプリウスPHVを使用した。

120323matinori9.jpg



普段は家の周りは、運動と気分転換、
節エネを兼ねて自転車で動き回ることが多い。


というのも、いくら燃費の良いプリウスでも、5~10km未満のチョイ乗りは
燃費が伸びにくく、20km/リットルに達しないことも多い。



冬場はエンジンが暖まらないと、止まらないためさらに落ちる。
エアコンOFFでも水温計が40℃まで上昇しないとエンジンは回り続け、
余計な燃料を消費する。


プリウスPHVは、このチョイ乗りユースならば、
完全に電気モーターのみで走ることが出来るため最適だ。



スイッチオンで充電完了の表示

120323matinori1.jpg






出発時


120323matinori2.jpg



EV走行可能距離は20.3km

2日前、最後に使用した時、ガソリンスタンドに寄った時に距離のリセットをし忘れたため
出発段階で1.1kmハンデをつける。つまり表示距離から1.1km引く。





約2km離れた生協で買い物

120323matinori3.jpg


EV走行可能距離は18.9km
(2.3+18.9km=21.2km)




ほしい商品がなかったため
次に橋本駅近くのアリオ橋本へ。

120323matinori4.jpg


走行距離7.7km
EV走行可能距離は14.1km
(7.7+14.1=21.8km)





帰宅時

120323matinori5.jpg


走行距離11.4km
EV走行可能距離は14.1km
(11.5+11.4=22.9km)


感触から分かったこと

・EVモードの加速は通常のプリウスでは味わえない独特の力強い加速感がある。
・以前、日産のリーフや三菱アイミーブを運転した時の、あの快感に似ている。
・通常のプリウスでは同じ加速をしようとしたら、パワーモードで燃費悪化を覚悟してエンジンが唸るだろう。


・モーターの性質上、低速ほど航続距離が伸びやすい。
・モーターの急加速は独特で気持ち良いが、「電費」にはマイナス



慣れれば都市部の平地で、街乗り、買い物では、普通に走ってもEV走行可能距離は22km程度いくだろう。







関連記事
スポンサーサイト
18 : 47 : 48 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プリウスPHVレポート4:充電スポット難 | ホーム | 2012年最高記録更新34.3kwh>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/948-c1872598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。