スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

太陽光発電:定格超え出力実験

「かず発電所」は太陽電池モジュールが南面31°の傾斜で設置している。


今頃は太陽高度が60°前後で、正午頃は直角になり、
(高温に伴う変換ロスでも)気温も低いので
1年のなかで一番発電出力が大きくなる条件が整っている。


14日も家で仕事だった。

青空だった正午前11時55分にモニターを見ると4.9kwの出力だったが、
11時59分頃5.0kwに達した。

120314pv3.jpg



その時の空は

120314pv5.jpg


下の方に雲が迫っていたが、遮ってはなく
瞬間的に出力が上昇しただけではなかった。



屋根の方角は真南ではなく、西向きに3°ほどずれているため、
これから太陽が正面に来る

120314pv4.jpg


ちなみに、かず発電所は三洋HIT5.04kw(6直4系統)だが、
それは公称値であり、後日送付された性能表による実測値は5.13kwだった。


そこで定格超えがあるのか実験してみた。


ベランダに脚立を立て、ベランダ水栓にホースを連結して
散水してみる。ちょうど一番上の列に鳥のフンがあったので、


高所作業用窓ふきブラシで落とす。


ただ、今年は雨が続いていたためか花粉など汚れはそれほどではなく、
汚れの損失はあまりなかったようだ。


120314pv7.jpg





散水して冷やした。

120314pv8.jpg



寒い今の時期でもモジュールに水をかけると、表面から湯気が出るほど
真夏ほどではないと思うが、そこそこ暑ったようだ


その結果

120314pv11.jpg

出力が5.4kwに上昇。
初めて見る数値だった。


3分後でも変わらず。

120314pv9.jpg




3分ほど5.4kwが表示され、その後1分ほど5.3まで落ちたら、再び5.4に上昇。
風が影響しているのだろうか。


風は昨日ほど強くなかったが参考に最寄りの気象台の12時のデータは
気温8.5℃、風向風速 南南東3.6mとのことだった。


「こうなったら」
12時台の、1時間あたりの発電量(kwh)でも定格超えを見てみたいと思って、
モジュール表面の水が蒸発して、温度が上昇し始めたら、再び散水しようと思ったら


120314pv10.jpg



雲軍団が来て、時々日射しを遮ることに。
ということで、それはかなわずでした。。。


120314pv2.jpg



まあ、いつか機会があればまたチャレンジしてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

09 : 29 : 10 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<プリウスPHVレポート1:30型プリウスとの比較 | ホーム | 不明な鳥>>
コメント
最大出力性能
kaz-arai さん

今晩は
2回目のコメントです。
太陽光発電 (140)のブログを遡り、パワコンのことシステムのことを閲覧しようとしましたが見当たりませんでした。
パワコンは5.5Kwであろうと推定しました。
かず発電所の公称パネル出力は三洋HIT5.04kwで、実際の合計出力性能値が5.13kwだそうですが、モニターの5.4kwの発電とはすごいですね~。
どう言うことでしょうかね。
最大能力以上の能力を発揮したことになりますよね。
出力特性表には最大出力と書かれているし~。
兎も角、最高出力おめでとうございます。
by: 銀プリ * 2012/03/17 21:13 * URL [ 編集] | page top↑
銀プリさん。こんにちは~。

コメントありがとうございます~。
こちらはパワコンが5.5kwです。

出力性能は一定の条件があったとどこかの記事で読んだ覚えがあります。実際には屋内で気温も管理された条件下で厳密に正確な照度の光を当てて、その条件で発電しパスしたものが出荷されるとか。

この日の気温条件と散水後の表面温度がその試験の条件より良かったと言うことじゃないかなぁと勝手に思っています。具体的にはより低い温度かなあと。

それと、太陽電池は直列数が多いほど
電圧が高くなって安定しやすいと聞いたことがあります。ウチはMAXの6直なので、それも多少関係しているのでしょうか。!?


まあ、(日中仕事などで不在の場合も不可能なのと)気象条件的にも、この実験に適したような日はそれほど多くないですね。


by: kaz * 2012/03/18 00:57 * URL [ 編集] | page top↑
はじめまして、araiさん。
北川孝太郎と申します。
富士山の大陽館の記事以来時々見ています。
系統連係、独立型太陽光発電システムを設計施工しています。
自宅にも系統連係、独立型PVシステム運用、電気自動車(一人乗り)を所有して遊んでいます。
よく、太陽電池に散水するユーザーさんがいますが、あまり暑い時期や常時水を流すのは、避けた方がいいです。
高温の太陽電池に低温の水を掛けると場合によっては太陽電池の寿命を短くします。
また、水を流し続けると架台、屋根材等を痛める恐れがあります。
あと、屋根上の作業となりますので、ロープ、ハーネスなどの使用をして身体確保、安全作業をしてください。(araiさんなら大丈夫と思いますが念のため)
かえって、高く付きます。
配線方法は、6直列のようですが横方向、縦方向どちらで配線されていますか?
それによっても発電量が数%変わりますよ。(いまさら変えられませんが)
それでは、また。
by: 北川 孝太郎 * 2012/03/19 18:47 * URL [ 編集] | page top↑
北川さま
コメントありがとうございます。

こちらも時々散水出来るようなシステムを組んでいる記事を見たことがあります。が、自分には面倒でとてもとても、というところで、たまに雨が降らない期間がしばらく続き、汚れが溜まった時に水を流す程度です。屋根には登らず脚立の2番目で届きます。


太陽電池に低温の水をかけると寿命を短くするというのは初耳でした。具体的な資料があれば見たいところですね。

配線は縦方向です。

by: kaz * 2012/03/19 19:05 * URL [ 編集] | page top↑
araiさん。
北川です。
散水に関する具体的な資料は、私は持ち合わせていませんが、急激に冷やすことにより太陽電池内部のセルやそれを電気的に接続する配線、それをセルに接続するハンダなどが高温により延びた状態から急速に収縮するためはんだが浮いたり、セルにクラックが入る事があるようです。
太陽電池は、色々な材料を組み合わせて製造されています。各材料の熱膨張係数が違うため出来るだけ温度差が少ない方が各材料の寿命は長くなると考えられています。
発電量を増えることは、うれしいことですが、あまり無理な事はしない方がいいと思います。
araiさんのお宅の屋根は、スレートですね。水を流し続けると、パネルの下にコケが生えたり(屋上緑化?)スレート表面の塗装を早く痛める事になりますので、ご注意ください。
特に何もしなくても、太陽電池が設置してあると周辺屋根材は早く痛みます。

配線は、縦方向なので発電効率はいいです。

昨日、スマホからコメントしましたが初心者なのでうまく送信できていないかもしれません。
そちらの方は削除しておいてください。
よろしくお願いします。

それでは、また。
by: 北川 孝太郎 * 2012/03/20 15:51 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
なるほど、いろいろ分かりました~。まあ今回は特別です。
by: kaz * 2012/03/21 00:04 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/943-30fca735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。