スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

八方尾根テレマークバックカントリー

前夜のうちに新潟から移動し、2/5は白馬へ。


天気予報の朝から快晴を期待しつつも
どんよりとした天気。


五竜岳遠見尾根と、最後まで迷ったが、
結局、八方尾根を登る事にした。


120206hakuba1.jpg

晴れ始めて、青空が見えてきたのだ。


冬の時期に八方尾根スキー場のリフトに乗るのは、おそらく20年振りくらいではないだろうか?
大学時代は、山荘があったため毎年冬に、ここで合宿をしていたのだ。


その後、八方尾根のリフトに乗るのはグリーンシーズンばかりだった。
グリーンシーズンの八方尾根もまた別の大きな魅力がある。



八方池山荘から登り始めた。

120206hakuba2.jpg




残念ながら、すっかりと澄み渡った青空とはならず。

それでも五竜岳と鹿島槍ヶ岳の冬姿は美しかった。

120206hakuba3.jpg




シュカブラ模様と雪面から顔を出すミヤマネズの枝

120206hakuba4.jpg



1時間ほどで八方池まで登る。
夏の時期は青い水面越しに白馬岳が見え、お花畑に囲まれた別天地だ。


八ヶ岳連峰と富士山

120206hakuba5.jpg



火打山と妙高山

120206hakuba10.jpg




そして白馬岳を横にして滑降開始。

120206hakuba6.jpg

青空でないのがちょっと残念。

しかし雪質は極上のパウダーだ。




120206hakuba7.jpg

雪煙のようにパウダーを巻き上げる。




「日本離れしたような地形」と同行のR氏が言うように
スケールの大きな滑降が出来た。

120206hakuba8.jpg




「魂が開放されたような滑り」

という言葉が相応しいだろうか。


ちょうどこの斜面を滑り終えて
恍惚感に浸っている時に、

別のテレマーカーも滑ってきている最中だった。

120206hakuba9.jpg


その横についているのがkazのシュプールだが、


BDのアンペレージに、スカルパT1ブーツというパウダー用の道具で3回目、
テレマークを始めて10年経ち、


ようやく、深雪でのテレマークターンも
まだまだ熟達者のレベルには達していないと思うが、


確実な何かを掴み始めてきたように感じる。
そして、それが分かり始めると、

またテレマークの魅力を再認識している自分がいる。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

22 : 16 : 15 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<2/9の発電量と電球型蛍光灯の寿命 | ホーム | 電気ご使用量のお知らせ:2012年2月>>
コメント
最高のバックカントリー
やっぱり八方北面は最高ですね。青空でなかったもののフラットライトにならずスケールのでっかい滑りを楽しめました。決して“The Day”ではなかったが、自分達で天候や雪質を判断して極上のオープンバーンを滑った点で僕にとっては一生忘れられない山行の一つになったと思う。オープンの最初のエントリーはいつもドキドキだからね。ガラガラ沢のメインバーンを振り返ったKAZはとてもいい顔していた。テレマークポジションもしっかり入っていて、僕も山をテレマークで滑れるようになりたいと思った。南股入の渡渉やノルウェー人のタクシー?のピックアップも印象深い。
 あと、長距離ドライブありがとう。今度は僕も自分のカメラを持参します。
by: RS * 2012/02/08 23:23 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こちらも思い出深いバックカントリーになった。いやはや、雪や天気にも感謝だね。
by: kaz * 2012/02/08 23:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/927-e37fffb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。