スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

電気自動車の普及促進策について思うこと

今年の1月は余り天気がよい日が少なく、雨やみぞれ、曇りがち

20日:1.4kwh 
21日:1.7kwh
22日:7.1kwh
23日:1.5kwh

と低調気味で今のところ373kwh。711kwh発電した昨年より大幅に少なくなりそう。
どうも1月から南岸低気圧気味が続いたりと、冬らしくないようです。


さて、kaz宅はEV導入に向けて、調べたりと検討を重ねて来ましたが、
今は急がずに、来年度以降で改めて検討してみることにしました。


120123imiev.jpg





アイ・ミーブのMグレード
で265万円
補助金を入れると188万円なのですが、

急速充電機能をつけると5万円

クリーンエネルギー自動車等補助で74万円補助され、
実質的に191万円になるとのことです。

※神奈川県など地方自治体の補助制度がある場合を除く



70年代から研究開発がスタートし、90年代に実用化、
そして現在では広く普及が進み、変換効率など、ある一定レベルまで達している
太陽光発電は異なり、


電気自動車はまだまだ、これからの技術だと思います。
※特に航続距離、充電体制、リチウムイオン電池の性能など伸びしろが大きい。



本当は日本の環境技術、国益にもなり、産業振興にもなる
EVに投資したかったのですが、

普及促進策によって10年以内に元が取れるようになった太陽光発電とは異なり、
やはり価格的な面は大きかったです。


kaz宅はセカンドカーに軽自動車があり、
平日は主にチジュールが使っているのですが、

近距離専用にこの軽をEVに替えたいと思っていました。

ディーラーのKさん、決められずごめんなさい。m(_ _)m

しかし、いつかはEVという気持ちは変わらず、ありますので、
今後も将来のためになる普及促進策と、技術革新を待っています。



さて以下、これらを踏まえて
経済産業省に出したメールとなります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




現在、電気自動車の購入を検討しています。
排気ガスも全く出さず、究極の環境対応車であることから
いつかは購入したいと考えていますが、


先日、三菱のアイ・ミーブで見積を取り、悩んだ末に今回は止めました。


理由として、国に「EV普及促進」の本気度が見られないからです。


アイミーブ(Mグレード急速充電機能付)は国の電気自動車補助金が74万円でますが、
ベースとなるガソリン車との差は依然、74万円。高速距離から近距離中心の用途となり、

年間走行距離3500kmでセカンドカーとして使っている軽自動車の置き換えとすると、
いくら深夜電力で充電したとしても元をとるには7万キロ。つまり20年間乗り続けなけばなりません。


また、現在、「エコカー補助金」が昨年12月の登録分までさかのぼって復活したとのことですが、
電気自動車の場合、「クリーンエネルギー自動車等導入費補助」と合わせると補助されないのは、
実用燃費が10kmを切るような大型ミニバンでさえも対象となることから考えても(エコカーの趣旨からも疑問です)
納得がいかず、購入を見送った理由の一つでした。


 せめて日本でもノルウェィのように高速道路は原則無料、街中の充電設備も無料、
バス専用レーンが走行可能など、実用面でも大胆でインパクトのあるな優遇措置を取る必要があると考えています。



日本では国内の原油のほとんどを輸入に頼っています。
この点でノルウェィやアメリカなど他の先進国と比べても、電気自動車や再生可能エネルギーを推進することは、
環境問題のみならず、国産エネルギーへのシフトのみならず、関連国内企業の投資となり、経済振興につながります。


再生可能エネルギーと合わせ、これら環境関連は
日本経済に漂う閉塞感を吹き飛ばすほどのものになると思います。

 
 EVの性能はまずリチウムイオン電池であり、現在、韓国や中国でさえも国をあげて研究開発を促進させ、
量産化に向けて普及促進の政策を準備しています。それらの研究開発や普及促進策こそが将来、
再生可能エネルギーを中心とした社会では蓄電池の性能向上、価格低下につながるはずです。


電気自動車を購入して、新しい日本の技術に応援したいという気持ちはこれからもあります。
大胆な普及促進策を期待しています。




参考:ノルウェ―の普及促進策(三菱自動車)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:電気自動車 - ジャンル:車・バイク

22 : 29 : 15 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<高尾山:雪景色 | ホーム | EVコンセントに関する考察>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/915-2d9b75e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
”ファロ”は東京都新宿区にある障害者自立支援法に制定されている事業所です!精神障害者が地域で暮らしていけるよう幅広く支援しています。 自主製品、七宝焼!社会福祉法人ファロ【2012/01/24 17:36】
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。