スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ペレットストーブ見学

薪ストーブは暖かいうえに、雰囲気もあり、しかも
CO2排出ゼロのカーボンニュートラルになるという。


これは、化石燃料と違い、
木材は20~30年のサイクルで森林が生長する段階でCO2を固定するため、


全体の森林面積が変わらない限り、CO2も循環して総量は増加しないことから来ているという。
そして、かつて日本人も、石炭・石油の時代になる前は
里山の二次林で薪や炭などを利用していた。


寒冷地の地方にいくと薪ストーブを見る機会が多いが、
最近は同じく、木質バイオマス利用である、

「ペレットストーブ」も聞くようになった。
テレビ番組でも取り上げられるほどになったため、
いろいろと調べた。しかし実物を見たことがないため、


東京都内、日の出町で「東京ペレット」で売り出している、浜中材木店を訪問した。
東京都の面積の1/3を占める奥多摩の森で、木材生産から住宅作りまで行っている会社だ。

120114hinode2.jpg


製材所の横にあるのが、会社の事務所で、この一角にペレットストーブはあった。

120114hinode5.jpg

エアコンの熱などと異なり、
薪ストーブなど木材が燃える時の熱は、ほんんのりと体の芯まで暖まる。


しかも燃える炎を眺めるのはなんとなく落ち着いて良い気分になる。
これがやはり最大のウリだろう。



薪ストーブと同じ程度の大きさだが、
仕組みは薪ストーブとはかなり異なっていた。


まず、本体左からコンセントが伸びる。ファンが内蔵されていて、
温風が本体上部の吹き出し口から出てくる。
ちょうどFF式のファンヒーターのようだ。

背面には強制吸気口と煙突につながる排気口がある。

120114hinode7.jpg


しかし煙突の長さは薪ストーブほど長くなくて良いらしい。
このストーブではまず、煙突は横に出て、上に2mほどの長さが出ていたが、
ホワイトペレットの場合、あまり煙がでないため、上への煙突も必要ないらしい。


横の煙突だけでよいなら年1回の掃除も簡単に自分だけで可能かもしれない。



ガラス扉の向こうではペレットが燃えているが、薪のように自分で、火にくべるのではなく、
燃料供給口から一定間隔で自動的に落下されて燃える。

120114hinode14.jpg


自動なので、燃料の薪のことを気にしたり
火が燃えすぎたり、弱くなりすぎたりを気にする必要ない。



ペレットの供給と吸排気の調節ダイヤル。

120114hinode10.jpg


燃料のペレットはストーブ背面に燃料タンクがあり、
袋に入ったペレットを投入しておくだけで良いようだ。

120114hinode9.jpg

またリモコンで点火や消火時刻をタイマーで設定できる
機種もあるという。薪ストーブより家電に近い感覚か。


ペレットは直径約1cm、円柱状で小さかった。

120114hinode12.jpg


基本的に端材やおが粉、かんなくずを、粉砕して乾燥させ、
圧力をかけて固めたものとのこと。
バイオマス資源の有効利用と言える。


コスト的にはホームセンターで薪を購入する場合の価格と比べて
約半分で済むという。

120114hinode8.jpg

10kgで630円とのこと。



この日は開いてなかったが地元、東京産のスギやヒノキなどの材木を使い、
建築して、暖房にペレットストーブを利用したモデルハウスも近くにあった。



120114hinode1.jpg


このペレットストーブ、
ヨーロッパや欧米諸国ではかなり普及が進んでいるらしい。


しかし日本ではまだまだ知名度も低く、本格普及はこれからのように思える。
しかし薪ストーブほどハードルも高くなく、
市街地の住宅街でも割合、導入しやすいのではないかと思う。


ちなみに導入コストは聞いたところ、本体・工事費込みで30~40万円前後。
残念ながら、ストーブ自体は輸入が多く、国産メーカーはまだまだ少ないようだ。


kaz宅は先シーズン蓄熱暖房を導入したばかりなこともあり、
直ぐにというより、もう少しいろいろ情報や資料を集め研究してからになりそう。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


3.11後のエネルギー政策に関して
原発の見直しや、自然エネルギーの拡大が叫ばれているなか、


省エネだけでは限界があること。ゼロには出来ないから
確かに太陽光発電など創エネも重要ではあることに疑いの余地はないと思う。


しかし加えて
このように昔から営まれてきた森との共生の知恵。
バイオマス利用も組み合わせることにより、
より永きにわたり自然界と人類も共生していけるのではないかと感じる。

参考サイト:東京ペレット



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ナチュラルライフ - ジャンル:ライフ

23 : 59 : 38 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<EVコンセントに関する考察 | ホーム | 妙高前山テレマークバックカントリー>>
コメント
補助金
こんにちは~

太陽光発電には補助金が出ますけど、こういうものにも補助金を出せば普及も進むのでしょうね。 

薪は個人では手に入りにくいですけどペレットなら容易ですし保管も楽ですね。なにより森林(杉林)の健全化も出来ます。
by: てばまる * 2012/01/16 09:50 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは~。いつもコメントありがとうございます~。

どうもやはり、太陽光発電ほどやはり知られていないというのが大きいように感じますね。

個人的にはエネルギー問題のアプローチだけではなく、健全な森作りとその産業の育成のためにも革新的だと思うのですが、

まず、もっともっと認知されること。その手段としても補助金は有りかなと思います。

札幌市ではあるようですね。

ユーザーサイドとしては燃料ペレットの安定的な供給体制も気になるところですね。そのためにももっともっと普及して参入するのは良いと思います。

新しそうで、昔からある伝統的なエネルギーと言えましょうか。
by: kaz * 2012/01/16 10:29 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/912-83ff185c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。