スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

妙高前山テレマークバックカントリー

1/9は妙高前山をテレマークで滑った。


黒姫山と迷ったが、まだ滑ったことがない
妙高前山に決めた。

片道300km、4時間以上かかるエリアだ。

朝の段階で雪が降っていて、山頂方面の視界もなさそうだが、
とりあえず、先に、バックカントリ―に出発することにした。

120111myoukou1.jpg




10時30分、やや出遅れた感があるが、
赤倉観光ホテルスキー場のゲレンデトップを出発。

120111myoukou4.jpg

シールをつけてひたすら登る。

登りは標高差400mほど。ガイドブックには「半日ツアーコース」と出ている。

今回もパウダー用のファット板セットである、
ブラックダイヤモンド アンペレージ+O1にスカルパT1ブーツを選択。

やや重いが、ハイクアップでの標高差があまりないので、
滑り重視の選択だ。




kazが勝手に名付けた「夫婦ブナ」
同じ太さの幹が寄り添うように並ぶ。

120111myoukou3.jpg


ゲレンデから近いところはブナ林だが、
標高が上がると亜高山帯の植生に移行していく、




そして、「夫婦ダケカンバ」

120111myoukou5.jpg





さらに登り、稜線に近づく頃には林が途切れて、
広い雪面が現れ、ここをひたすら登る。

120111myoukou6.jpg

ガスが切れ、なんとなく晴れ始めていた。




稜線に出ると前山の奧に聳える妙高山の本峰が望めた。

120111myoukou7.jpg





地吹雪が体にたたきつける。

120111myoukou8.jpg





稜線に出たら前山の山頂は比較的近かった。

120111myoukou9.jpg



風が強く、後からバックカントリーボーダーも登ってきていたので
あまり長居せず、シールを外し滑降の準備をする。



最初はややヤセ尾根。
慎重に下り始めた。



途中の尾根上から見る妙高山の本峰が格好良い。

120111myoukou10.jpg




一昨年、2010年の10月に山頂まで登ったことがある。
途中の滝の前の露天風呂は前山の真下あたりか。

2010年10月2日ブログ:妙高山




最初、尾根はヤセ気味だが、途中から広くなり快適に。

120111myoukou11.jpg





この部分は下界も見渡せ気持ちがよい。

120111myoukou12.jpg


天気も晴れてはじめたばかりで、雪もそれほど重くない絶好のコンディション。






欲を言うと、先行者のトラックがあるのが残念だったが、
豪快にいける。

120111myoukou13.jpg



途中から樹林帯となるが、
それほど濃くないため快適だ。


もし、完全にノートラックで雪も軽かったら、最高だったが、
今回の道具、T1にアンペレージは、多少条件が悪くても
硬いためパワーを伝達しやすく、非常に安定していた。

120111myoukou14.jpg

これまでのT2Xブーツに、軽い板、BDエフィシェントシリーズのブゥードゥ―なら
転んだりで、慎重に行かなければならなかっただろう。


多少重くても剛性感があり、ツアーでも安定感がある滑りが楽しめた。
なんと最後まで今回は一回も転倒せず!



結局下りは1時間ほどでゲレンデに合流して戻る。
天気はすっかり晴れていた。


同行のR君、アルペンの山スキーとの並べ比べ。
人気のパウダー用の板、アルマダJJとの比較。

ウエストは同じ115mmだが、並べてみるとトップの形状など、
それなりに多少の違いが分かる。

120111myoukou15.jpg



その日はすっかり晴れてしまい、ゲレンデはガリガリのため、
早めに切り上げ、温泉のあと帰路につく。



往復600kmの燃費はモニター表示25.9km/L
満タン法では24.5km/L程度か。

120111myoukou16.jpg


30プリウス、今回も省エネ、燃料費削減に寄与してくれました。


215/45R17→195/65R15と細くなった要因もあると思いますが
スタッドレスタイヤのミシュランXI2、評判通り高速安定性と燃費性能が良く、
今のところ冬タイヤ交換で燃費の落ちは気になりません。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

00 : 26 : 21 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ペレットストーブ見学 | ホーム | 景信山~高尾山:初詣山行>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/911-2387925c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。