スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

かぐらテレマーク

今シーズンはテレマークスキーでパウダー用を新調した。


111125amp.jpg


ブーツがスカルパT1
板がブラックダイヤモンド アンペレージ
バインディングがブラックダイヤモンド O1



これを持って1/3にかぐらスキー場バックカントリーで初使用。

120103kagura1.jpg


天気は雪で上部は気温が-12℃、
新雪パウダーのコンディションだ。

何本かゲレンデ内でリフトを回した後、シールを装着してバックカントリーへ


120103kagura4.jpg


上部は天気も荒れ模様だったため
山頂の稜線まではいかず、2回途中まで登って新雪斜面を滑った。


120103kagura2.jpg



シールは、ブラックダイヤモンド アセンション ナイロンSTS(140mm)

先にシールの先端を引っかけ、テールを金具でワンタッチで固定出来るタイプ。


今までの板に使っていたシールはテールに先ず引っかけ、
先端は弾力性のあるゴムで引っ張るタイプだったが、

この場合、ハイクアップの時にスキーの先端同士がぶつかると、
よくシールが外れ、その度に引っかけ直したりが面倒だったが、

これは、先端同士がこすれても外れないので調子がよい。







バインディングのO1は、これまでのO3よりも重いが、
ツアーモードが備えてあり、


ハイクアップの時はアルペンの山スキーのように
ピボッド式に動くため足運びが楽だ。


特に新雪のラッセル時は、これまでの場合、
先端が雪面に潜って刺さってしまいがちのため
あえて先端を持ち上げるように歩かなければならなかったが、


120103kagura3.jpg




このビンディングはピボットで動くため、先端部分がが長く大きく反り返ったロッカースキーに
トップ141mm、ウエスト115cmの幅広の板と合わせて、

道具は重いものの
新雪ラッセルは非常に楽になった。



一方滑りでは

新雪の深いパウダーのコンディションでは、
板が沈みにくく、非常に快適だった。

120103kagura5.jpg


さすがにウエスト115mmなので、ゲレンデのハードバーンでは、
シャープでダイレクトなな接地感はないものの、

キャンバーもあるため、硬いT1ブーツと相まって
ターンの時に後ろ足に力を掛けると安定した高速ターンが出来るようだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

16 : 30 : 40 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<景信山~高尾山:初詣山行 | ホーム | 北海道の灯油使用量から考えたこと>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/908-31aee331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。