スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

旭山動物園見学

年末の北海道に戻ります。

12月25日に旭川市にある旭山動物園へファミリーで行った。



kazは植物園はともかく、動物園にはあまり行くことはないが
旭山動物園は高山植物とのつながりがある北極圏など、北方系の動物が多く、


展示が工夫されているので充実しているという。
しかも季節は真冬に訪れた方が、動物たちが生き生きしていると聞いていたので
1回は訪れてみたかった。


ちょうど旭山動物園の入場券と旭川駅までの往復のバス代、JRの特急券がセットになった
切符があったので、それを購入して旭山動物園号に乗る。


札幌駅から乗車。

120105asahiyama.jpg



車内にはハグハグシートという面白い席や、シロクマのぬいぐるみのある遊び場、
それに着ぐるみをきた車掌との記念撮影もあった。


120105asahiyama2.jpg


120105asahiyama3.jpg



折からの低気圧に伴う大雪で、この日の北海道、石狩・空知地方は大雪。
道央道は通行止め。列車は20分以上遅れて旭川駅へ。


動物園まで路線バスで30分ほど揺られる。駅のロータリーも道路も真っ白だ。


120105asahiyama4.jpg

低気圧に伴う大雪だったが、幸い寒波はそれほど厳しくないようで、
日中の園内の気温は-3.4℃程度だった。


厳しい寒さで有名な旭川なので、この日に備えて、
冬用登山靴に、インナーダウン上下、雪山用のジャケットとパンツ上下も用意したのだが。




入場してすぐにペンギンの散歩があった。

120105asahiyama5.jpg


積雪のある冬期間のみ、1日2回行われるという。


南極に生息するキングペンギンで
間近で見るとやはり飛べないけど鳥の仲間であることが分かる。

120105asahiyama6.jpg


目つきは結構鋭かった。



アザラシ館ではゴマフアザラシが。

120105asahiyama10.jpg


工夫されていて結構迫力ある展示だった。






ホッキョクグマ館ではカナダ北極圏に生息する
シロクマが飼育されていた。


120105asahiyama7.jpg

こちらも目つきは鋭く、クマの仲間で体の大きさが最大だけあり、
巨大で、足跡もヒグマより断然大きかった。



流氷の上で生きて、息継ぎに水面に顔を出したアザラシなどを食べるが
地球温暖化の影響で北極圏の氷の面積が減少し続け、


生息数が激減しているという悲劇の動物でもある。





猛獣館では

ロシアに生息するアムールトラ。


120105asahiyama8.jpg

野生の個体数は500頭ほどの絶滅危惧種。


他にネコ科ではさらに貴重なアムールヒョウなども飼育されていた。



この動物園は展示方法だけでなく、
動物の生態や生育環境、さらに動物たちに置かれた危機的な環境についても
説明があり、それらが充実していた。

動物園通しの人口繁殖など「生息域外保全」の役割も果たしているようだった。


120105asahiyama15.jpg


野生の地域個体群に負荷を掛けぬよう
飼育展示されている個体のほとんどは動物園生まれで

野生由来のものは偶発的な事故などで保護された個体で
それらをなるべく野生状態に近い状態で展示しているとの説明。



lynnは雪で遊び

120105asahiyama12.jpg




帰りは旭川から札幌まで「スーパーカムイ」号で帰ったが、
乗る列車が大雪のため運休し、30分待って次の便に乗った。

120105asahiyama14.jpg


実のところ、限られた時間で全て回り切れなかった。
入場料も良心的な価格なので、また訪れてみたい。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

12 : 51 : 08 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<旭山動物園:オオカミ | ホーム | 2011年 年間発電実績>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/905-fc14795f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。