スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

2011年 年間発電実績

2011年の年間発電実績です。

※三洋HIT5.0kw (210W×24 6直4系統) 2009年5月連系


120104pv1.jpg









発電量 7102kwh
消費量 7920kwh
売電量 5469kwh
買電量 6287kwh
自給率 89%







2010年は6877kwhだったので3%ほど多く発電しています。


三洋電機シミュレーション値の発電量5475kwhに対して129.7%と大幅に上回りました。



1日あたりの平均は約19.4kwh
システム1kwあたりでは3.86kwhとなります。



設備利用率は16%でした。

※自然エネルギーでは、発電効率を示す指標として使われる。
5kwのシステムが24時間フルパワーで発電した場合を100%として、

夜間は発電しなく、天気も悪いときも発電量がが伸びないため実際の稼働率を示す数値。
太陽光発電の場合、年間を通じて日本では12%程度とされる。








売電は5469kwhで発電量の77%。





ちなみにモニター数値での売電金額

5469kwh×48(kwh/円)=262,512(円)

発電量から売電量を引いた1633kwhが自己消費分となり、
支払わずに済んだ電気代になりますので、1kwh=28円の数値を当てはめると


1633kwh×28(円)=45,724(円)


売電金額に自己消費分が経済効果になりますので

262,512+45,724=308,823となり


太陽光発電導入に対する経済効果は約30万8千円ほど。



補助金を引いたシステム導入金額は約205万円でしたので

固定価格買取り制度の買取期間である10年間のうち
約7年目でモトは取れ

10年終了時に90万円ほどプラス収支となる計算。


※もっとも毎年2011年の発電傾向が続くとは限りませんが。。。
それと、このモニター画面の数値と総発電量計の数値も若干のズレがあります。
発電量はモニターの方が2%ほど多め、反対に売電量はモニターの方が小さめ。






こちらは月毎の発電量と消費量のデータ


120104pv6.jpg








最も発電した月は4月の727kwh。2番目はなんと1月で711kwhでした。
1月はずっと冬型気圧配置にともなう、晴天が続いていたため例外的だと思いますが、

通常は気温が低く、風もあり(太陽電池パネルが冷えて発電効率が高くなる)、
日照時間も長く、30°の設置角度に直角に光が当たる春に発電量が伸びました




最も発電量が伸びない月は6月の475kwhでした。
やはり梅雨の時期でしょう。




一方、消費量が最も多い月は

やはりもっとも冷え込みが厳しい1月で1081kwh

深夜時間帯に稼働する蓄熱暖房とエコキュートが最も消費量が多く、
次に朝7時までタイマーで稼働させるエアコンが多いと思います。



以外にも最も消費量が少ない月は8月の440kwhとなりました。
一般的にはオール電化ではない一般住宅の場合、冷房需要が高まる8月に消費が増えそうですが、
kaz宅の場合、8月は山取材や帰省で不在が多かったためと思います。


2番目は6月の450kwhですが、6月は本格冷房時期ではなく、
夜間の気温も十分高いため、エコキュートの消費エネルギーも少なくて済むことがあげられると思います。






売電量と買電量


120104pv7.jpg






発電量と消費量のグラフ


120104pv2.jpg


やはり寒い時期に圧倒的に消費量が増えます。






売電量と買電量のグラフ

120104pv3.jpg





こちらは前年との消費量の比較


120104pv8.jpg



2009年~2010年の冬は、リビングルームの暖房が主に石油ファンヒーターだったため
電力消費自体は少なめでしたが、


2010年11月に家庭内化石燃料消費ゼロの方針から、内窓を設置し蓄熱暖房を導入したため
電力消費量は増えています。

※深夜電力を使うため光熱費的には灯油よりも安価






こちらはCO2換算での発電量(削減量)



120104pv4.jpg







石油換算。


120104pv5.jpg





今後の目標としては電力自給率を出来るだけ上げたいのですが、
蓄熱暖房があるとまず無理そう。。。


木質バイオマス利用の薪ストーブとかは天然の暖かみがあるうえ、
カーボンニュートラルでCO2排出量もゼロになるため、魅力的なのだけど、
導入コストと設置位置、熱循環に適した家の構造の関係でkaz宅には厳しそう。


ペレットストーブとかどうなのでしょう。なんとなく自然の恵みを生かた
自然共生型のライフスタイルにあこがれるのですが。(^^;)




でも、ともあれ消費分の89%の電力を生み出してくれる
屋根のHIT太陽電池と太陽のエネルギーに感謝です。













関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

23 : 54 : 43 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<旭山動物園見学 | ホーム | 2011年12月の発電実績>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/904-4562c3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。