スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

プリウス:グリル塞ぎ

ハイブリッドカーのプリウスは
エンジンはいつも回っている訳ではない。


高速道路では基本的に常に回転しているが、
街乗りでは状況によって変わるものの、だいたい半分程度だ。



最初に動かす時は、
まずシステム作動でエンジン冷却水が40℃に上昇するまで暖気をする。
つまりこれからの寒くなる時期、暖気運転が長くなる。


その後もエンジンが冷えすぎると再び、エンジンがかかる。


30型になって排気熱を熱交換で暖房に利用するシステムが
搭載されたとはいえ、エアコンを入れるとエンジンがかかりやすいようだ。

 

プリウスの場合、冬場に燃費を伸ばすテクニックの一つに、
オーバークール(過冷却)に気をつけるのがポイントだという。
普通の車のオーバーヒートとは反対だ。



そこで先達の皆さんの知恵を拝借してkazのプリウスもグリルを塞ぐことにした。


111202puri6.jpg


30型の場合、ヘッドライトの間の上のグリルは
ハイブリッドシステムの冷却の働きをするなのでここは塞がないのが賢明らしい。


塞ぐのは下のグリルつまりバンパーのグリル。


L字型の黒いコーナークッションを詰めている人が多いようだが、
独自のアイデアでやってみた。


用意したのは
・PPクラフトシート(565×980ミリで0.75ミリ厚)...ポリプロピレンで1000円弱
・スポンジ...30×30cmで2cm厚の防振、防音用




スポンジは以前家の補修で使って余った端材だ。
これにエンジンフード静音化で余ったアルミテープ。

111202puri1.jpg






このスポンジはグリルの間に収まりがよい。

111202puri2.jpg




アルミテープで裏面にこのように固定。

111202puri3.jpg





簡単に着脱できるようにした。

111202puri4.jpg


基本的に下3つの隙間は常時塞ぐようにした。




上の隙間1列は別に作成して
状況に応じてさらに追加したり、外したり簡単にできるようにした。

111202puri8.jpg




幅がやや狭いので少しスポンジをカッターで削り、
アルミテープを巻いて固定。


気温がさらに低下したり、
長い下りが続く場合このように4つの隙間が埋まる。

111202puri7.jpg



なお、グリル塞ぎだが、それでも時にはオーバーヒートに注意しなければならないため
基本的に水温計による管理が必須のようだ。




kazはプリウスにはないタコメーターもほしかったため
基本はレーダーなものの、水温計、回転計などマルチな表示を
可能にするメーターをつけてある。

111202puri9.jpg


オーバーヒートに注意するシチュエーションとしては
一般道で低速の登りが続く場合。


このような状況ではエンジンは基本的に止まらず、
速度も遅いため、風がラジエターに入りにく冷めにくい。


kazなど山目的で使う場合、
登山口までの登りの時が想定される。


本当は電動で開閉するグリルがあるのが一番望ましいのだけどね。
※トヨタさん時期型では改良してくれないかなぁ。。。


さて、その効果はいかに!?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プリウス - ジャンル:車・バイク

18 : 43 : 45 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<北高尾山稜 | ホーム | 丹沢:仏果山>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2016/03/16 11:27 * [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/890-a237f4a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。