スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

太刀岡山左岩稜

11月20日、


山梨県は甲府の郊外の太刀岡山へ。

目的はマルチピッチのフリーのルートである、
左岩稜ルートだ。グレードは5.9で9 ピッチのルートだ。

このルートを知ったのは2010年の「山と渓谷」誌で。
同じ号の企画で錫杖岳の「注文多い料理店」も紹介されていたが、

こちらはkazが撮影したものだ。

その記事を読み、面白そうで、登りたくなったワケだ。




太刀岡山は初めてだ。

朝9時過ぎ、前日の大雨が引きずった影響か。
現地の駐車場の路面は濡れ、霧もかかっている。


回復傾向ではあるが、西面のため、午前中は厳しいかもしれないと思い、
これも初めてだったが、直ぐ近くにある昇仙峡に行ってみた。


紅葉の時期らしく、かなりの賑わいの様子。
渓谷沿いを歩いて、再び戻ると12時。すでに日もあたり、すっきりと天気は回復していた。


111120tatioka2.jpg





最初取り付きが分からず、少し探して13時過ぎに登り始めた。




1P目(5.9)kazリード。以後8ピッチ目まで全てkazがリード


111120tatioka3.jpg



部分的にまだ浸みだし、地面も湿っぽかった。

1P目上部ではラインを間違い、
残置ピトンがある右の凹角に進んでしまい

途中で気付き、左のクラックへ。
消耗してテンションで休んでしまい、オンサイトならず。。。


111120tuika1.jpg






2P目のジェードル。(5.7)

111120tatioka5.jpg

3P目はスクイズチムニー有りと変化に富み面白い。




4P目からは展望も開けてリッジとなる。

グレードも落ちてスピードも上がる。





7ピッチ目のナイフリッジをフォローするR君。

111120tatioka6.jpg




風が強いのと、日没が迫っていたため、最終ピッチのハサミ岩(5.8)は
面白そうなスラブだったが、割愛した。




登山道に出て、登山口へと下山。

登山口付近の集落は、典型的な限界集落で、
古い廃屋というか空き家が目立った。


ふと、見ると1軒の家には水車が併設されていた。
「昔のの田舎には必ず、水車があったとさ」
との言葉を思い出す。



電気も化石燃料も乏しく貴重だった、戦前戦後にかけては、
人々は燃料は森から、薪や炭を得て、

明かりはオイルランプに、

脱穀など動力は豊富にある水から得ていたに違いない。


111120tatioka7.jpg


この朽ち果てて動かない水車を見て
少し思いを馳せてみた。




《DATA》
参考資料「山と渓谷」2010年9月号...全体的によくまとまっている資料と思います。
特に写真はありがちなビレイ点からの「パシャリ」撮影ではないので、
資料としても価値があると思います。

カムはキャメロット#0.3~4を使用。
資料につけ加えると2P目のビレイ点はクラックに#3と#4を使用。



《以下は昇仙峡となります》



昇仙峡のイロハモミジ紅葉

111120tatioka9.jpg


今年の紅葉は全体的にイマイチだが、
なかにはこのように美しく色づいている個体もあった。


111120tatioka10.jpg


関連記事
スポンサーサイト
22 : 15 : 16 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<正月菜間引き | ホーム | エネルギー家計簿とガソリン消費量>>
コメント
岩のぼり
こんにちは。

岩登り、最近流行ですよね。秋葉原にもジムが出来て外から眺められます。

知人宅の吹き抜けに造られた壁で一度やらせてもらったことがありますが、結構サクサク登れたのですが、よくよく考えてみれば、しっかり吊されていたから安心だったのでしょう(^^;) フリーだと怖いですねきっと・・・

by: てばまる * 2011/11/24 16:28 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは。
いつも、コメントありがとうございます~。

トップロープということですね。トップロープはもし落ちても、その場で止まるのでかなり安全ですね。

リードは岩の途中のボルトやカムで決めた支点の距離にもよります。

ちなみにロープで確保しない完全なフリーソロは通常あり得ません。(^^;)

クライミング経験は穂高や妙義など通常の縦走路の岩場での安全登山でもプラスになりますね~。
by: kaz * 2011/11/24 18:55 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/882-5144223a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。