スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

プリウス山仕様プチテク:車中泊

今回は購入前から確かめていた車中泊について書いてみます。


逆に車中泊が可能なことが分かったから
購入に至ったとも言えるかも。


前夜に登山口まで移動したりと山旅には車中泊はつきものだ。
kazは最近は、だいたい一人での車中泊が多い。
※二人以上の時はテントを立てる。


そのためミニバンのような車は、燃費、走行性能などから最初から
選択肢になし。


SUVの4駆車も、最近はありがたいことに(^^;)
差がつきそうな林道はゲートにカギががかって車両通行止めにしている場所が多く、


前車レガシイのようなワゴン車が、使用用途に合っていた。
今回、プリウスにした理由のひとつに

「ハッチバック」だったことがある。
セダンでは難しいワゴン車に準じた使い勝手が得らる。


まず、簡易的な事から
プリウスは車内空間を有効利用するためか、薄型のシートを使っていて

そのためか前車レガシイの時よりシートが倒れる角度が深い。

111012PURI7.jpg






次にプリウスの荷室の長さを実際に測ってみる。

後席を倒さないで

111012PURI1.jpg



荷室の長さは88cm

111012PURI2.jpg

ちなみに前車レガシイの場合は108cmと20cm短め。



後席を倒すと

111012PURI3.jpg



長さは158cm

111012PURI4.jpg




両方倒して斜めにしてみると

111012PURI5.jpg


180cm以上。

111012PURI6.jpg



エアーマットに、低反発枕で快適快眠が可能

111012PURI8.jpg


実は前車レガシイの時は後席シート背面に、
巻き上げ式のカーゴネットがあり、

これが1回も使わない無用の長物で邪魔であり、
斜めに寝なければ快適に眠れないのは同じだった。


またプリウスαは購入前実車で確認したところ、やはり斜めに寝なければ
ならず、荷室の長さが劇的に長くなる訳ではなく、


横幅もさらに広がり、取り回しが難しく、
地面からの荷室の床面がさらに高いことが
分かり、燃費、価格などから最終的に候補から外した。





頭の位置から後方を見てみると、

111012PURI9.jpg


このような感じ。
向きを逆にすると、寝ながらスターウォッチングも出来そうだ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プリウス - ジャンル:車・バイク

21 : 11 : 55 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<筑波山取材 | ホーム | 庚申山から皇海山へ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/861-0e9aae97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。