スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

Mottainai:修理の秋

MOTTAINAI(もったいない)という言葉が世界中に知れ渡っている。

参考サイト:モッタイナイは世界中のアイコトバ


そこで、関連した話題を三つ。


最近プリンタ、スキャナー、カメラボディを修理に出した。


プリンターはスキャナーと同時に約5年前に購入。

キヤノンのip7500(プリンター)と、8600i(スキャナー)


111002syuuri.jpg

まずプリンター

kazはプリンターが2台あり、
1台がA4染料インク使用の日常、ビジネス使用の、
普通紙、スーパーファイン紙専用。



もう1台はA3ノビ対応の大型の顔料インクプリンタ。
これは光沢紙専用の写真出力用として使っている。


A4の方が使用頻度が高い。普通紙でカラー出力をしたところ、
筋状にブラックインクが出なくなった。ビジネス文書中心のため、

性能面に特に不満は感じていないため修理に。

ヨドバシカメラの長期延長保証に入っていたため、
5年間、一定額の修理料金が保証される。

もう少しで5年という時だった。
結局約1万円ほどかかったが、9千円が保証され、

残りの千円ほども、購入額の1%が自動的につくという、
修理ポイントが2万円以上あったため、これで充当。


故障箇所である、プリントヘッドは全く問題なく直り
廃インクタンクを含むプリンタ内部もクリーニングされて帰ってきた。

ちなみに、この機種は、この3ヶ月後の11月で修理部品の保有期限とのこと。
ただ5年ではもったいなく、短すぎるので、8~10年間くらいでも良いと思う。






ついでスキャナーの8600F

111002syuuri2.jpg



こちらはフィルムスキャンの時に2列あるフィルムガイドの1列が色が
化けたような色調になることだったが、検査では再現されず。

追加でお願いしていたガラス面、特に、内側のクリーニングのみとなった。

ガラスもピカピカになって返却。


価格ではネットの方が安価かもしれないが、
家電量販店の長期保証制度はこのような時に安心で役に立つ。





次にメインカメラの

EOS5D Mark2


だ。

2008年の11月発売開始直後に購入。
もうすぐ3年というボディ



111002syuuri3.jpg


デジタル一眼レフカメラのシャッターには耐久ショット数があり、
機種毎に異なる。


入門機は5万程度から、報道向けのプロ機では30万回。
この機種は15万回だ。


こちらは昨年春の検査の段階で10万を超えていた。
昨年は仕事の関係で春から夏過ぎまでキヤノンからボディを借りていたため、
ショット数は伸びなかったが、



さすがに今年の夏、ついに15万回を超えたようで、北岳では連続撮影を続けていた時
突然シャッターが異音をして、撮影できなくなった。

「エラー20」が表示され、回復後もたびたび表示されることしばしば、
そこでプロサービスに見てもらっていた。

結果、シャッター耐久を超えて酷使していたため、
オーバーホール、内部清掃のち、

具体的にはシャッターユニットの他、ミラーボックスやマウントを含む前板ユニット
アクセサリーシュー、メインダイヤルユニットなど軒並みの可動部品が交換となった。


修理完了後は気のせいか、ほんのわずかにシャッター音が
小気味よく感じられた。


使えるものは修理して大切に使い続けたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

18 : 38 : 46 | カメラ、PC関係 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<プリウス最高燃費 | ホーム | 9月の発電実績>>
コメント
こんにちは~
わたしもA3ノビ(EPSON)を使ってますが、インク代がけっこう高く付くので「もったいない」のであまりプリントしませんが、そうすると逆にヘッドが詰まりやすくなるようで、そのたびに大量の噴射で掃除が必要になって新しく買うという悪循環です。このあたり何とかして欲しいですね。掃除専用の無色インクを発売するとか・・・。
by: てばまる * 2011/10/03 11:15 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは~。

こちらもA3ノビはPX-5600です。月1くらい動かした方が良いようですね。

プリントヘッドが目詰まり起こしたら、その交換部品代の方が高くつくらしいです~。

掃除専用のインクが良いのかわかりませんが、目詰まり防止対策はほしいですね。
by: kaz * 2011/10/03 16:35 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/852-7014a336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。