スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

プリウス:色についての考察

プリウスの車体カラーをグレーブラックのツートンカラーにしました。


110920purius_color2.jpg




というのは冗談で、下半分は汚れ。

かなり砂埃が立つ林道5kmほどを走り終えた後。



実は購入前から車体カラーは
ブラックかパールホワイトかで、迷っていた。




新型プリウス(トヨタ プリウス)写真 全ボディカラー写真一覧


さて、

ブラックが現在の流行で、直線ラインが基調のプリウスに似合うこと。
リセール時は価格がブラック>ホワイト>シルバーの順になること。
※ちなみに汚れの目立ち具合や、それにともなう洗車など手入れの頻度などは逆になる。


最終的に、パールホワイトが追加3万円の有料設定だったこともあり
ブラックに。



汚れに関してはある程度は覚悟していましたが、
実際にそうなったなあ、との印象。

110920purius_color.jpg


まあ、今回は納車時にボディコーティングをお願いしていたので
基本5年間はワックスは不要で水洗いだけ。


しかも駐車スペースの直ぐ横に水栓があるため、
すぐ洗えるので、それほど手間ではないけど



例えば1~2週間の北海道の登山行脚となると、銀泉台、沼ノ原、トムラウシなど
大雪山系を始め、各地に長距離かつそこそこスピードの出るダートの林道がある。


以前のレガシイは2台ともシルバーだったためか、
確かに砂埃だらけになっても気にならなかった。


しかし、そのような事気にしていたら山には行けない。
この車でもグレーツートン、グレーモノトーンになったとしても
めげずに林道走る予定です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プリウス - ジャンル:車・バイク

09 : 19 : 58 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プリウス初給油 | ホーム | プリウス:ラゲージLED>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/845-50d492d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。