スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

太陽光発電の発電コストはすでに商用電力と同等

最近、原発事故と代替電源について、しばしば



太陽光発電の発電コストは高く1kwh=49円


という数字や論調を目にする機会が多い。


そこでこの49円の根拠を調べてみた。


その結果、


発電コスト=導入金額(1kwあたり)÷20年間の積算発電量(1kwあたり)

とのことだった。20年間はシステムの償却年数とのこと。
基本的に可動部がないため故障は少ないが、パワーコンディショナーについては
ひょっとしたら10~15年を目安に交換が必要になるかもしれない。



参考:太陽光発電のコスト(ウィキペディア)


参考:太陽光発電の発電コスト

  

しかし、その1kwh=49円の根拠は導入金額であるが


2005年の平均導入金額1kw=66.1万円が基になっていて
しかも、20年間金利4%で全額ローン払いをした場合とのこと。



太陽光発電はローンを組む人も入るが、組まない人もいる。
kazの場合も、家のローンの方を長くして、太陽光発電は現金で購入した。


まず、計算にはローンありき、2005年とかなり前の年の導入コストで計算しているというのが、恣意的だ。





実際にkazのケースで計算してみた。


まず、導入コストだが、補助金など入れないでkw=60.4万円で導入した。


次に年間発電量は2010年の実績である6877kwhを用いる。
20年間の発電量は137540kwh

5.04kwのシステムなので、1kwあたりは27289.6kwh


604000÷27289=22.1





つまり計算すると発電コストは1kwあたり22.1円となった。

1kw=22円なら、一般家庭の電気料金とほぼ同じである。



すでにグリットパリティは達成していたのだ!


参考:グリッドパリティ(ウィキペィア)



三洋電機のアモルファスシリコンハイブリッド方式(HITタイプ)パネルは
はシャープや京セラなど多結晶シリコン方式より1割ほど多めに発電するとされているが、
価格もkw=10万円以上高いとされていた。


それと地域により発電量も異なるため
発電コストも変化するが、西日本や東海、中部地方の内陸は概して発電係数は高く、
北陸~北海道の日本海側は低め




東京など関東地方南部はほぼ全国平均の数値だろう。



1kw=60.4万円という価格は、導入した2009年春にしてはかなり安価だと思うが、
2010は普及が進んだ結果kwあたり10万円ほど安くなったとされている。
※事実、国補助金の対象となる基準も2年間で10万円ほど下げられている。
※2009年はkw=70万円以下が補助金対象、2011年からは60万円以下


よってこの発電コスト22円というのは、現在もっと下がっている可能性が高い。
※仮に10万円安くなってkw=50だと、発電コストは1kwh=18.4円となる。


導かれた結論としては


太陽光発電の発電コストは高くなく、一般家庭の電気代と同等レベルにまで下がっている。



高いのは事実だが、むしろこれは導入コストであり、
「電気代の先払い」のようなものだ



発電コストが高いという言い方は正しくない。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

20 : 38 : 47 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カヤラン:2011 | ホーム | 今年も行います:ホテイラン保護活動>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/819-ed96d25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。