スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

昭和記念公園、クゲヌマラン(モドキ)?

5/3はチジュールと約束でLynnを一日見ることになっていたので
子連れ登山で景信山を計画していたが、


天気予報がよろしくないため
昭和記念公園へ変更。



気になっていたクゲヌマラン(モドキ)を見ることにした。
「ただギンランが変異したもの」程度との情報もある。




まず、ギンラン正しくはササバギンランでした。訂正します。

110503showa4.jpg



この株はかなり大きめ。


110503showa5.jpg

花披片の長さは距を入れずに8mm程度。







いわゆるギンランの距がないタイプ


110503showa6.jpg



花の大きさなど印象はそれほど変わらない。
実際に花披片の長さも8mm程度で変わらなかった。




110503showa7.jpg









次にクゲヌマランか?とされているタイプ。こちらは別の場所で撮影。




110503showa2.jpg




かなり豪壮な印象だ。
花期はやや早めの印象でもう終わりかけの個体もあった。



長さは

110503showa3.jpg


約15mmと前途した2つと比較しても倍くらい大きい。



さて、これはクゲヌマランか、クゲヌマランモドキか、
あるいはちょっと大きめのギンランの変異か?

専門家の意見がほしいところだ。






ps.

lynnはkazが撮影の間。タンポポ摘みに熱中。

しっかりと自然のなかで遊ぶ知恵もついています。


110503showa1.jpg


でも、このタンポポセイヨウ~かと思ったら、
萼片が反り返ってないので日本の自生種カントウタンポポのようでした。


これって貴重なのかな?
あまり、摘ませない方が良いのかな?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

18 : 47 : 03 | 植物 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<会津駒ヶ岳テレマークバックカントリー | ホーム | クマガイソウ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/809-1ca5b0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 5/8 日曜日の午後。 ベランダ畑、時々山から【2011/05/13 00:59】
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。