スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

2011年4月の発電実績


2011年4月の発電実績となります。

110430pv1.jpg







発電量 727kwh
消費量 668kwh
売電量 571kwh
買電量 512kwh
自給率 100%








、3月に引き続き、
天気が周期的に変わる春にしては雨が少なく
晴天続きだったので発電量もまた伸びました。


結果、これまでの月単位での過去最高記録だった、
2010年8月の726kwhを上回り

727kwhと過去最高記録を塗り替えました!


昨年4月は538kwhだったので、前年同月比では189kwh以上伸びています。






1日あたりの平均は約24.1kwh
システム1kwあたりでは4.8kwhとなります。



設備利用率はアメリカのアリゾナ州並みの(?)20%でした。

※自然エネルギーでは、発電効率を示す指標として使われる。
5kwのシステムが24時間フルパワーで発電した場合を100%として、

夜間は発電しなく、天気も悪いときも発電量がが伸びないため実際の稼働率を示す数値。
太陽光発電の場合、年間を通じて日本では12%程度とされる、






一方消費量は、気温の上昇とともに確実に減っています。
オール電化なので冬期間中は深夜を中心に電気使用量が多めですが、


4月になり、電力自給率が100%を超えるようになりました。


エコキュートの使用電力が減少し、蓄熱暖房も4/16を境に運転を止めました。


蓄熱式電気暖房の消費は今月で70kwh。
シーズン合計1045kwhとなりました。

この分の電気代は深夜電力を利用し、9378円なので割安ですね。





売電は571kwhで発電量の78%となりました。








こちらは日毎のデータ

110430pv2.jpg








4月の最高は5日の34.2kwh
最低は3日の6.1kwh。



消費量

110430pv3.jpg







売電量

110430pv4.jpg




最高は5日の29.4kwh。




買電量

110430pv5.jpg








こちらは発電量と消費量

110430pv6.jpg






後半は少しずつ消費が下がり気味。






こちらは売電量と買電量

110430pv7.jpg













こちらは前月との消費量の比較

110430pv8.jpg



消費も減っています。





こちらはCO2換算での発電量(削減量)



110430pv9.jpg









62kgの削減効果


石油換算で165リットルでした。

110430pv10.jpg


あと1ヶ月で2年になる、導入以来の積算です。

110430pv11.jpg















と言う訳で4月も順調に発電してくれました。





さて、中部電力の浜岡原子力発電所が運転停止することになりました。


今後30年以内に発生する東海地震がM8クラスで87%とされ、
しかも想定震源域の真上に立つのですから


この首相の要請は一部でパフォーマンスとの批判が見られるものの、
内容については、至極適正なものと思います。


特に旧世代の保守派を中心に原発しかないという論調が目立つようです。
自分も政治的には保守派に近いと思いますが、


だからこそ、ロシアやアラブのウハウハに我慢がならず、
日本の技術、「国産エネルギー」である太陽光発電を購入しました。



結果、気づいたことは多く、現状まだ太陽光発電には蓄電能力がないなど課題もあるなか
エネルギーは簡単に作り出せるということでした。


もっと保守派層にも先入観でなく、日本がこれから世界で再び戦うための技術、
その可能性に気づいてほしいと思います。


原発に盲目的に拘っていても、世代間、地方の分断をますます深め、
結果、国力はますます低迷すると思います。
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

13 : 34 : 48 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クマガイソウ | ホーム | 箱根三国山>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/806-4eba159d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。