スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

電気ご使用量のお知らせ:4月

★☆★☆この記事は再生可能エネルギーと
人類と自然界、持続可能な将来を目的に
参考程度に書いています★☆★☆



4/6に検針がありました。

3/4~4/5の33日間の検針結果となります。





まず、購入電力。

使用電力量総計 866kwh 


昼間(10~17時)=14kwhで395円(1kw=28円)
朝晩(7~10時、17~23時)=190kwで4394円(1kw=23円)
夜間(23~7時)=662kwで6070円(1kw=9円)
基本料金=1260円
※契約種別:6kVA 電化上手


で燃料調整(-1463円)、オール電化割引(-5%、-816円)などで最終的に9814円

今回の検針で初めて太陽光促進付加金が徴収されました。
25円(1kwh=3銭)


前月の検針(28日間)と比較し

851→866kwhと増加です。
まだ寒い暖房シーズンでした。

しかし確実に冬から春に向かい
消費エネルギーの減少にともない1日あたりでは減少。



結果、購入電力は3月の9753円→4月の9814円と
ほとんど変わらないが1日あたりでは減少。




ちなみに前年同月は、電気8650円の他に
石油ファンヒーターを使用していましたが、42リットル使用し2730円かかっていました。




110407taiyou.jpg
クリックすると拡大します。

※通常検針票はアップしませんが、
今回は太陽光促進付加金の項目が新設されたことにより、特別にアップします。






次に売電となる「太陽光発電設備からの余剰購入電力量のお知らせ」

632kwh(三洋HIT5.0kw)

632(kwh)×48(円)=30336円




3月が雨があまり降らない代わりに、天気が良い発電日和が多く、
705kwhと異常に発電した結果、売電金額は過去最高額を記録しました。



まあ、これは検針期間が33日間と長めだったせいもあると思います。
それと電力逼迫、節電ヤシマ作戦(流行の言葉)で省エネにも気を使ったせいもあるかな?

1日あたりの売電量は19.1kwh。





よって今月は20522円のプラス収支となりました。




今月もお日様に感謝となりました






次に自給分電力。
3月の積算発電量705kwhから売電量632kwhを引くと、自給分の電力は73kwhとなります。


検針日は5日ほどズレがあるため、正確な数値ではないものの、
※年間を通じて計算するとだいたい変わらず


自給分は昼間料金(28円)の他に、朝晩料金(24円)もあるため1kwh=27円と仮定すると
73×27(円=kwh)=1971円

本来かかってくるはずの電気代が太陽光発電によって賄えたことになります。
よって

今月の経済効果(売電+自家消費分)はだいたい3万2千円くらいとなるようです。







        



以前太陽光発電のフィードインタリフ制度(固定価格買取制度)が導入が発表された時
この制度の目的が


・自然エネルギー普及の目的のため、導入量拡大とともにコスト下げさせること。

・新エネルギー分野で経済成長とともに、雇用も創出させる、国益にもつながること。

・導入価格の低下とともに買取単価も下がること。


を本当に理解しているのか疑問なマスコミが「家計ズシリ」なんて論調も見られましたが、
フタを開けてみたら、その負担はわずか1kwhあたり3銭。




標準世帯では月平均8円程度だそうです。
※オール電化は概して多め。


一方で原子力発電は決して
「原子力促進付加金」などの項目はありませんが、


プルサーマル運転は特に割高になり
月平均240円にもなるそうです。



参考ブログ:プルサーマルは高くつく



で、プルサーマルって福島第一原子力発電所では3号機
つまり猛毒のプルトニウムを放出しているのです。



環境にも優しく、安全で災害にも強い自然エネルギーの拡大のための月数円~数十円と




発電時CO2は確かに出さないかもしれないけど、
建設、解体に多額の費用がかかり、


地域の反発、分断を招き、
事故を起こすととてつもなく高い代償を払うことになる原子力


もっとエネルギーの費用について考えたいと思いませんか。



太陽光発電は確かに導入時は高いかもしれないけど、
導入には多くのメリットがあり確実に経済効果がある。



クリーンで安全なエネルギーの普及のため。
また夏の電力不足、計画停電の解消のため



省エネを上回る創エネ。
今太陽光発電の社会的意義はますます大きくなると確信しています。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

22 : 50 : 08 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デモに参加してきます。 | ホーム | 週末ハイキングが楽しくなる花の図鑑>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/787-248baf5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。