スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

防災対策確認

申し遅れましたが「東日本大震災」で被災された方にはお見舞いを申し上げるとともに、
1日も早い復興を祈ります。



また福島原子力発電所で自衛隊を始め、自己犠牲ある作業を勤める方々に、
敬意を表したいと思います。





個人的にはやはり原子力発電所は考え物ですね。
これまで深夜電力の多いオール電化のため、原子力発電所には中立的な立場でしたが、
それは「安全であること」が前提でした。



それが100%確実とは言えない以上、
考えを改めざるをえません。


今は必要かもしれませんが、将来やはり再生可能エネルギーを中心とした、
スマートグリッド社会の実現を急いでほしいものです。


電力多消費の都心から離れた地方にリスクを負わせていると言えるし、
新規の原発は反対ですね。




さて、前置きはこの辺までとして、
今回、M9.0という超巨大地震を前に、家庭での防災対策が見直されていますが、

今回はkaz宅の防災対策について少し紹介。


               


防災対策には割と気を配ってきたつもりだったが、


今回の地震を受けてKAZも防災リストを作成してみた。
同時にこれまでの備蓄を確認してみた。

どちらにせよ、いつかやらなければと思っていたのだ。



まず水から



人は1日最低2リットルの水を必要とする。
調理など含むとそれ以上。3リットルとして



3人家族が最低1週間とした場合、3×3×7=63リットル




2リットルのペットボトルのミネラルウォーターが6本入りの箱。
これは調べ直した結果、6ケースあることが分かった。
計72リットルなので8日分くらいは持つ。


110316bousai5.jpg



しかしうち、4ケースが賞味期限切れだった。まあ1年程度だが、そのうち買い直しが必要。



防災専用のペットボトルの水はやや値段が張るが、通常のミネラルウォーターでも賞味期限が
通常2年程度だ。ケースだと1本あたり100円程度と安価だ。



しかし、これは飲み水だけの話、トイレでは断水していたら、
バケツにくんだ水を流す必要がある。




オール電化世帯ならではかもしれないが、

エコキュートには貯湯ユニットに460リットルの水(お湯)が貯められている。
非常時には取水バルブから水を取り出すことが可能だ。


110316bousai7.jpg

右側の大きな箱形の構造物の中に
発泡スチロールで覆われた460リットルのタンクがある。


これだけの水があるのは心強い。



また、ペットボトルの水がいよいよ尽きた場合、
浄水器がある。


110316bousai6.jpg




MSRの浄水器。確か2001にシエラネバタへバックパッキングに行った時に
カリフォルニアのREIで購入した。


水たまりの水も飲み水にできるというものだ。





人は5日くらい食べなくても死なないらしいが、水の場合そうはいかない。
やはり生命の維持の最も重要なのは水だろう。




次に食料



これは山道具の食料関係の箱があり、この中にガスカートリッジやアルファ米などを保管している。


110316bousai.jpg


調べたところアルファ米は全部で35食分。


アルファ米は軽量で調理が簡単なので山食ではお馴染みだが、

消費期限が長く、防災非常食としても抜擢だと思う。
お湯がなくても、水だけで戻せる



お湯の場合15~20分だが、水の場合1時間程度


山用の食料として常に常備しておき、先入れ先出しを心がけている。
その時に、常に外袋に賞味期限をマジックで記入しておくと分かりやすい。


ちなみにkazのお気に入りの味は

110316bousai2.jpg



赤飯...(尾西)
五目ご飯...(尾西)
エビピラフ...(サタケ)


※左は2食分。通常のテント泊山行などでは朝食に半分食べ、残りの半分は行動食にとっておく。
開封にはナイフ、ハサミが必要。

右側は2つは1食分スプーン付き、手で開封可能。


この3つは山では檄ウマに感じるので、下界でも美味いだろう。
ちなみに白米もあるが、好みではない。



次にレトルトカレーなど

110316bousai4.jpg

これは2年近い賞味期限があるが、アルファ米ほど長くはない。
9袋あったが、半分は賞味期限が切れていた。



通常はこれに温めるだけの白米のご飯のパックとともに食べる。
このご飯は6個あった。こちらの賞味期限は短く4~6ヶ月程度なので注意が必要。


その他
パスタ...1200グラム分、スティックコーヒー、みそ汁、コーンスープ、ゼリー食品などあった。

ガスのカートリッジは大~小合わせて9個、2~3週間は大丈夫か。


ちなみに賞味期限切れがこちら。

110316bousai3.jpg

ほとんど1年以内なのでそのうち昼食で食べる予定だが、
手前のアルファ米だけ2007年と4年間!


さて、これはどうするか?
実験してみるか?食べられるかどうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

23 : 31 : 10 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<震災日のデータ | ホーム | 地震、その時>>
コメント
山食も・・・
こんにちは。

山食用のアルファ米なども買い求める人が多いようで、馴染みの秋葉の山屋さんでも在庫切れ、帰宅困難で会社泊用にシュラフもバカ売れしているそうで夏用を中心に売り切れてました。

α米は乾燥してるから賞味期限から数年後でも食べれそうですよね。
by: てばまる * 2011/03/22 10:55 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは~。

アルファ米は、確かに今需要すごそうですね~。

震災直後にパンや菓子の買い占めなどありましたが、そんなもの買い占めても直ぐに期限が切れるだけですが、


アルファ米はもともと山だけでなく、防災用途の目的もありましたから。

シュラフも売り切れですか~。
山道具特需ですね。といっても物は限られていますが~。
by: kaz * 2011/03/22 11:26 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/775-c492561a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。