スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

冬のアポイ岳

18日、取材終了後に様似町へと移動。


19日は夕方から「アポイ岳再生プロジェクト」の取材があるが、
この前に冬のアポイ岳に登ることにした。


取材テーマのヒダカソウになると、どうしても暗い話題になってしまうので
冬のアポイ岳の美しさもレポートします(^^)




            



今回冬のアポイ岳の姿を見てみたいと思った、
環境変化の一つの要因としてあげられるのが冬期の積雪量の減少である。



登山口、ビジターセンターは閉まっていた。朝8時過ぎに出発

110219apoi2.jpg




開花案内板も当然ない。5~6月には各種の植物の写真が掲示される。

110219apoi1.jpg



今回スノーシューも用意したが、積雪が少ないとの情報を得て、
山も実際にそのように見えたので置いていった。
5合目まで積雪20~30cm程度。





人のトレースよりもエゾシカのトレースの方が圧倒的に多い!

110219apoi15.jpg



シカは4本脚で立ち胸よりも積雪が多くなると動きが鈍くなり、
死ぬ個体が多くなるという。

温暖化の影響か冬期の積雪の減少で、
冬に淘汰されるシカが少なくなるという意味も納得。





5合目からのアポイ岳

110219apoi5.jpg






順調に登り、9時50分、馬の背へ。

110219apoi7.jpg




ここから稜線上を歩き、風も出てくる。

8合目から先は場所により雪が溜まりやすい場所では
膝ラッセル程度。スノーシューがあっても良かったかもしれない。


9合目の先

110219apoi8.jpg




この後ダケカンバ林になるとほどなく山頂だ。
山頂10時50分

110219apoi9.jpg



山頂の標識と祠は雪にかなり埋まり、
見慣れた無雪期とは別世界のよう。



襟裳岬と青い海が印象的だった。



下山後、アポイ山荘から見たアポイ岳

110219apoi12.jpg

新たにジオパークの標識が設けられていた。





            



この日のアポイ岳の風景





トドマツ(マツ科)

110219apoi3.jpg






ハクサンシャクナゲ(ツツジ科)

110219apoi4.jpg

常緑だがこのように葉を丸めて垂らして冬を越す






青い太平洋と冬島漁港



110219apoi6.jpg






太平洋の青い海をバックにダケカンバ

110219apoi10.jpg





冬のかんらん岩

110219apoi11.jpg






キタゴヨウの森

110219apoi13.jpg



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

00 : 50 : 04 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<白馬コルチナファミリースキー1日目 | ホーム | 札幌取材>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/764-b37cbfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。