スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

札幌取材

18日、札幌市内で、取材の仕事でヒダカソウの研究を
18年間、行っているNさんに話を聞いた。



去年行った取材分と合わせて「山と渓谷」の6月号で
アポイ岳とヒダカソウに関する記事を作るためだ。



http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-619.html
※昨年アポイ岳での記録




結論から言うと衝撃的な内容だった。



詳細は誌面をに掲載されるまで
データ関係も北海道庁の許可の関係で現時点でWEB上で明らかにすることはできないが




明らかに重々しい内容のなかで
印象に残ったフレーズのみ紹介したいと思います。




「今すぐ生息域外保全を始めても遅いくらいだと思います。
自生地の保全に平行して、
遺伝子を残さなければならない段階に入っています。




人為的な影響がない場所でも激減していることから、
山域全体の環境変化がここ近年の過去の主な要因だとは思いますが、
過去に大量盗掘などの要因があったことも見逃せません。




最も重要な繁殖である開花、結実ができなくなった訳ですから。
個体数がまだまとまっていれば、
遺伝子の多様性から環境変化に強い形質が生まれてくる可能性もあり得たと思います。




現在、絶滅危惧種の保全には、※kazの補足で(トキなど)
莫大な予算をかけているものもありますが、
本当に危機に瀕しているものは、それ以外にまだあります。
ヒダカソウは間違いなくその一つだと思います。






非常に気が重くなる取材でしたが、


この事実をしっかりと伝え、ヒダカソウを絶滅させたくない
との多くの人々の願いとなればと考えています。





今回の取材では本省取材も計画中です
少なくとも環境省には

ヒダカソウの種の保存法(1993年環境省、植物では現在23種)による
国内希少野生動植物種の指定を要望するつもりでいます。





種の保存法の解説
http://www.env.go.jp/nature/yasei/hozonho/index.html


※レッドリストでは掲載のみで法的拘束力はありませんが、種の保存法はより強い法的拘束力と
保護増殖事業もあります!


国内希少野生動植物種のリスト
http://www.env.go.jp/nature/yasei/hozonho/list_domestic.pdf








                    


取材後に食べた札幌市内のアジアンレストラン
LAVI

「エゾシカ to 野菜カレー」1300円

110218sapporo2.jpg


以前シカ食害取材でエゾシカ協会を訪問した時、
撮影、味わったところとても美味く、

それ以来、札幌へ行くたび立ち寄っています。


110218sapporo1.jpg




関連記事
スポンサーサイト
10 : 33 : 17 | 希少植物保護問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<冬のアポイ岳 | ホーム | 根子岳テレマーク>>
コメント
うーん
こんばんは。

ほんとに気が重くなる重いですね・・・。

 どうにもならないところまで来ているなんて哀しい事です。一度は見てみたいと思ってましたが・・・皮肉にも盗掘で売られている個体が唯一の生き残りになるのかもしれませんね・・・

 その売られているものを出来る限り買い取って育成して増やして山に戻してみるという方法もあるのかもしれませんね・・・。

by: てばまる * 2011/02/23 23:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます~。

いや、ホントに種の絶滅を目の当たりにはしたくないですね~。

なんとか、種の保存法に指定され、しっかりとした保護増殖施設ができて守られれば良いのですが。。。自生地の保全と平行して。

以前、新宿御苑の種子保存施設を取材した時に知ったのですが、結局研究機関はしっかりとした「血統書」に相当する、由来情報など遺伝子情報がしかかりと把握できるものでないとダメだそうです。

雑種になっていたなんてことがあったら大変ですからね。


そこが山草愛好家と公的研究機関の違いでしょうか。


by: * 2011/02/23 23:42 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/763-cb9743b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。