スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

エコキュート・ソーラーヒート

エコプロダクツ2010の番外編となります。


太陽電池、断熱窓、EVほど目立っていなかったものの、
個人的に印象に残ったのが

エコキュート・ソーラーヒート

だった。


101218eco1.jpg


参考サイト:矢崎総業

http://solar.yazaki-group.com/product/ecocute.html


KAZ宅もオール電化で居住開始もうすぐ丸2年。
エコキュートで3年目の冬を迎えようとしているが、



エコキュートは、空気を圧縮して熱を生み出すという、
ヒートポンプの原理上


夏は効率が良く電力がほとんどかからないが
冬の低温下では効率が落ちて消費電力が大きく跳ね上がる。

※それでも深夜電力なので安価ではあるが。


参考:夏...8月5日 最低気温 24℃(八王子気象台)

101218eco3.jpg



冬...1月1日 最低気温 -3.8℃(同)


101218eco2.jpg


※エコキュートは日立製460リットル 湯量少なめ設定

23時~翌朝7時までが深夜電力時間帯。
消費電力には食洗機のタイマー運転分も含む
冬の消費には蓄熱暖房分はなし




エネルギー効率的にはエコキュートは本来、
日中運転した方が効率が良い。



しかし現状では原子力発電所の出力を一定に保つ関係で、
電力需要が少ない深夜電力が割安となっている。



一方、地上に降り注ぐ太陽エネルギーの利用において、発電では15~20%の変換効率だが、
太陽熱利用だと50%以上利用できるそうだ。つまり電気にするより効率が良い。




ちょうど昔からあり古い家では太陽光発電より普及が進んでいる、
太陽熱温水器と、


最近増加している、オール電化住宅で必要となるエコキュートを、
いいとこどりでミックスさせたような機器だ。


東京電力のブースではオール電化を指すツインソーラー」にちなんだのか
「トリプルソーラー」として紹介されていた。

※個人的には深夜運転するエコキュートの「ツインソーラー」は
かなり違和感を感じるが、これならない。



矢崎総業のブースで質問したところ
・関東地方だと、夏場はソーラーだけでほぼ温水の炊きあげが可能。
・冬は3割くらいソーラーで賄える。
・通常集熱パネルは3枚程度※あまり多すぎると電力会社からも通電制御装置の許可対象ではなくなってしまうらしい。
・エコキュートより若干高めで導入コストは100~120ほど

とのこと。今後他メーカーも似たような機器を発売し、普及が進みそう。



おそらく、今後太陽光発電も普及が進み、
将来スマートグリッド、スマートハウスの時代になると、
エネルギー効率面からエコキュートは日中午後に運転する時代が来るか?

その頃になるとエコキュートもこのような太陽熱利用兼用が当たり前になるか?




ちなみにエコキュートの耐久性は10年と言われているが
kazの場合、南側の屋根にはすでに太陽光発電のパネルで余分なスペースはなく、
置くとしたらベランダか?


屋根という限られたスペースで発電パネルとの共存も課題になりそう。
発電と熱利用のパネルが一緒だったら一番理想的なのだけど。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

18 : 47 : 01 | エコライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ヤマケイカレンダー2011 | ホーム | 山と渓谷2011年1月号>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/732-c0e49fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。