スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

太陽光発電:売電単価アップ1年での検証

2009年の11月に太陽光発電の余剰電力買取制度がスタートして1年経ちました。
制度の目的や詳細は資源エネルギー庁のHPにありますが、

 

資源エネルギー庁 再生可能エネルギー推進室 買取制度ポータルサイト




これまでの約2倍となる1kwh=48円の単価での売電できることになりました。
その単価は10年間固定されることが保証されています。

※普及が進み、導入金額が低下すると売電単価も下がる予定




すでに、EU各国を始め、アメリカや韓国など多くの主要諸国はこの制度を導入していて、
世界各国ではフィード・イン・タリフ制度(FIT制度)と言われています。


元々エネルギー自給率が極端に低く、
太陽光発電技術や関連企業が武器との国内情勢のなかでは
日本はこの制度開始が遅れたのがむしろ不思議なほどと思います。




さておき、太陽光発電は環境に優しくCO2の大幅削減に寄与します。
そして導入コストが高いですが、導入後は確実に経済効果があるのも事実です。


そこで気になる

「どのくらいでモトが取れるのか」

をkazのシステムで制度開始1年の実際の結果で公表したいと思います。




まず、システム導入価格から補助金(国+都+市町村)を引いた額。


305万円-100万円=205万円


kazの場合、家の新築同時設置ではありませんでしたが、
新築時から太陽光発電の導入を検討して、

資金はあらかじめ準備しておいたため、
現金で購入したためローンは組みませんでした。

※家のローンの方が利子が安かったため、その分家のローンを長くした。






次に制度開始1年間の月毎の売電と経済効果。

101211taiyoukou1.jpg

1年間で売電総額は約24万6千円




次に太陽光発電で発電した電力で自給分の電力(本来支払う電気が浮いた分)ですが


これは主に10時までの朝晩料金(23円)と10時~17時の昼間料金(28円、7~9月の夏期は33円)
があり、計算がややこしいのですが、深く考えずざっくりと、27円と31円と仮定することにします。


この自給分の電力は検針票の日付とは5日ほどズレがありますが、
モニター記録による月毎の発電量-売電量とすることにします。



1年間で約4万1千円と算出されました。

よって制度開始1年での経済効果は

約28万7千円となりました。


よって、実際の導入コストである205万円を経済効果で割り償却年数を算出します。

2050000÷287890=7.14年

となりました。


実際には制度開始前の半年分の経済効果(約7万円)もあるのと、
1年間を振り返って冬型気圧配置の晴天続きだった1月と猛暑の8月が
多めに発電したので、ゆるく見積もって償却年数は7年少しでしょうか。


東京都の補助金(1kw=10万円)の効果が大きかったこともあるとは思いますが、
まあ、確実にモトが取れる事が分かったので安心しました。



しかし、導入して実感、理解したことですが、


「消費エネルギーが見えること」から省エネに気を使うようになったり
太陽という自然エネルギーを使っていることの満足感

CO2大幅削減、エネルギー自給率向上、国内産業への投資に
寄与している実感など


金銭的価値では計算できない部分も同じくらい大きく、
やはり設置して良かったと改めて思います。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

23 : 58 : 46 | 太陽光発電 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<The shot of lynn 101211 | ホーム | 里山の秋>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/725-e16948f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
あと2ヶ月ちょっとしたら、50万円以上も損するかもしれません。損しないためにやるべきことは… 三洋太陽光発電システムの専門店 株式会社ライフサポート【2011/01/08 18:41】
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。