スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

金時山

アップが遅れてしまいましたが、

先週末となる20日、ファミリーで箱根の金時山に登ってきました。

その記録について。




箱根の外輪山、金時山は富士展望の山として知られる。

高校山岳部の時から登っているが、
何故か金時山はkazが登る時は展望に恵まれない事が多い。



20日は朝から晴れた。
仙石原から見た箱根の金時山。

101120kintoki2.jpg

山頂付近はすでに色あせ気味だが、山麓は今が見ごろか。




公時神社から登り始める。金時山のシンボルであるマサカリと紅葉。

101120kintoki1.jpg



lynnは最初元気に歩き始める。
あえて歩きにくい石の上を登って歩きたがる。

101120kintoki4.jpg


スピードは遅いものの、縦走路との合流点の手前まで支えてもらいながら歩いた!
※先発隊は山頂で1時間待ったとのことでした。




その後はkazがチャイルドキャリーに乗せて背負って歩く。

101120kintoki5.jpg

その後lynnは寝てしまう。



たくさんの登山者で賑わう山頂では薄く冠雪した富士山の展望が広がっていた。

101120kintoki6.jpg



テーブルで食事。大人たちが食べ終わった後にlynnも起きて、金太郎茶屋のナメコ汁に舌鼓をうつ。

101120kintoki9.jpg




下山は乙女峠方面へ。


101120kintoki11.jpg



今回lynnは良く歩いた。実際にはkazは先に乙女峠から登山口まで先に戻り、
車を回送して乙女峠バス停でピックアップしたが、
lynnを支えてくれたチジュールファミリーの皆さんの力が大きいようだ。






金時山の自然



まだ咲いていたリンドウ

101120kintoki10.jpg




登山道脇に落ちていたオオモミジの紅葉

101120kintoki3.jpg






山頂途中で見た急峻な山肌に残る紅葉した木、
サラサドウダンだろうか。

101120kintoki8.jpg





薄く冠雪した富士山。


101120kintoki7.jpg


横方向にジグザグに刻まれた
ブルドーザーのブル道が目立ってしまって、
この時期はなんとなく不自然だ。

※個人的にはこれでは世界遺産登録は厳しいと思う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

18 : 58 : 27 | 子連れ登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<環境省取材 | ホーム | 気密性向上作戦と蓄熱暖房>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/718-6d4054c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。