スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

蓄熱暖房導入2週間

蓄熱式電気暖房機「アルディ・ミニ」を導入して2週間が経過した。

101104tikunetu1.jpg


電気料金が1kwh=9円という安価な深夜電力(23時~7時)を使ってヒーターで
内部の蓄熱レンガに熱を蓄え、

その熱を少しずつ放出して部屋全体を暖める方式である。



可動部はファンのみで、基本的に燃焼式ではなくシンプルな構造なので、
故障や火災の危険性が少ないらしい。
音は全くしない。


操作部はシンプルで

101104tikunetu2.jpg


一番上が設定温度

2番目が時刻表示。現在時刻の他にタイマーも表示される。


その下の「ファン」というボタンを押すと、
暖かい空気が本体下部の送風口から出てくる。


だが、エアコンのように寒い部屋を短時間で暖めることは出来ない。
あくまでも放熱量を多くする程度。
音はわずかに聞こえる。



「蓄熱量セット」は本体に蓄える熱量を大中小から選ぶ。
基本的に前日のうちに決めなければならず、
寒暖の差が激しい時は難しいかもしれない。



「蓄熱増し」はファンを回したりして熱を使い切ってしまい、
暖かい空気が出なくなった時に使う。まだ使った事はない。



エコワットを使用して
11月4日から16日までの13日間で消費電力を計ってみた。

101117tikuden3.jpg

※ちなみにこのエコワット表示可能桁数が少なく
1kwh=23円で換算した時の、

積算電気料金が999円を超えるとその数値で計測が止まってしまうなど
あくまで簡易的な機器だ。




結果わかったことは
13日間で約72.87kwh消費 (小×5、中×7、大×1日)


一晩あたりの平均は5.6kwh
電気代は計655円(1日あたり約50円)
だった。


※もっとも12~1月の厳冬期はエアコン併用分と合わせて
もっと増えるかも




kaz宅では朝6時頃からチジュールが起き始める。


深夜、蓄熱中にファンを切っておくと、
前夜20℃くらいだった部屋の温度は17℃くらいまで下がってしまう。


朝早い時間からファンを回して対応しようとしたが
どちらにしろ、朝7時までは安価な深夜料金時間帯なので、
最近はエアコンを設定温度までタイマーで運転させてから切るにしてみた。


101117tikuden1.jpg

やはりこの機器の推奨である3~8畳に対して空間が広すぎるためか
基本的にはベース暖房となりそうだ。



※ロフト空間まで考えるとおそらく16畳以上!?


寒い時期には立ち上がりで使うエアコンとコンビネーションとなりそう。
というのもエアコンだけだと切るとすぐ冷えてしまうが、

この機器は輻射熱で暖めるので、熱が上にこもることはなく
なんとなくホンワリとした上品な暖かさが持続する。




また関東地方は冬型気圧配置の時は晴れていることが多く、
逆に日中は射し込む日差しだけで十分暖かくなる。
日中はファンを切っておいて、



夕方から夜にかけてファンを回せば、
夜はエアコンをつかわなくとも室温は20℃をキープするようだ。





11月16日 12時40分 室内21℃ (外気温11℃)


101117tikuden2.jpg


ちなみに朝は6時で17℃ (外気温3.4℃)
起床後エアコン併用で20℃まで上げた後エアコンは切り、
蓄電を7時50分までファン運転させた。





参考程度に16日における発電量、消費量のグラフ

101117tikuden4.jpg

0時、1時、5時、6時台の消費が大きく増えているのは蓄熱暖房の他に
食器洗浄機、エコキュートも考えられる。


午前中の消費はkazのPC仕事のため。




さて、環境性能と経済効果である。


原子力発電由来の夜間の消費電力が多くなるのでCO2削減にも寄与し!?、


日中の発電時間帯はしっかりと売電できるので経済効果も確実にあるので
太陽光発電を導入している世帯にとっては理想的な暖房方法といえる。




電力自給率は確実に下がるが、
化石燃料の消費を抑える事の方が

重要な選択と考えているので、
これは仕方ないだろう。



これまでのところ調子は良い。

今後もいかに消費電力を抑えつつ快適になるか試行錯誤は続くので、
改めて気づいたことをレポートしていきます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

23 : 12 : 19 | エコライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<気密性向上作戦と蓄熱暖房 | ホーム | インプラス内窓工事>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/716-957ccc40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。