スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

三ッ峠:防鹿柵設置作業をしてきました。

11月6~7日は三ッ峠で取材&ボランティア作業でした。


希少植物を含む豊かな生態系が広がる草地に今年からシカが現れ
て影響が出始めています



春先に草地周辺の林でヒロハツリバナの樹皮をかじるシカが撮影されたら、
夏にかけて草地のオオバギボウシなどの採食を始めました。


特に三ッ峠では種の保存法(1993年環境省)による
国内希少野生動植物種に指定されているアツモリソウがまだ一部に
かろうじて少数生育していますが、


このアツモリソウは山梨県内他の自生地の例からも、
シカ食圧による環境の変化があると、消えてしまうなど
環境の変化に脆弱です。



このため、従来の「隠す」という保護姿勢を改め、
より踏み込んだ積極的な保護姿勢の転換を図るべく

三ッ峠山荘、地元の富士河口湖町を拠点に保護団体が誕生しました。


HP:三ッ峠ネットワーク


夏にはついに、アツモリソウの被食も確認されました!


101108atumori1.jpg



シカが一度入ると徹底的に食べ尽くし、芝生状になるまで2~3年かからないケースもあることは
これまでの全国各地の取材で見てきています。

状況は危機的となりました。

101108atumori2.jpg





そしてkazの環境省への報告と提言などもあり、
今年度中に早くも防鹿柵の設置が決まりました。



この異例の速さには正直感心しました
環境省のNさん、Tさん、Oさんありがとうございまいます。

    


さて、今年度は地面が凍結しない11月までに草地の一部に、
360mほどの防鹿柵を設置するというものです。



当日三ッ峠山荘前にボランティア作業員が集合。

101106mitutouge15.jpg



kazも取材を兼ねて参加です。


防鹿柵は支柱と金網製、
国立公園内ということで、景観に配慮して茶色に塗装された
ものでした。網の目は10cmほどで、

101106mitutouge14.jpg




シカなど大型動物は通過出来ないものの、小動物は通過出来る構造。
編み目が大きいためカメラのレンズを入れて撮影も出来るのなど
中に生える植物は観察できるのがポイントでしょう。


101106mitutouge13.jpg

※茶色のため写真ではわかりにくいですが、網を張って固定する作業の途中です。



2日間で全体の半分弱の作業量をこなせました。
南アルプスから応援に駆けつけてくれた方を始め、皆さまお疲れ様でした。



それにしても、柵の設置だ!と簡単には言ったものの、
作業自体はやはり楽で簡単にとはいかないですね。
全国各地でシカ対策に手を焼いている地域での苦労が忍ばれます。



ボランティア作業自体は今週末の11/13-14もあります。
kazは今週末は参加できないものの、2日間はもちろん、どちらか1日から参加は歓迎とのこと。


連絡は三ッ峠ネットワーク事務局まででお願いします。



    



さて、こちらは11/6-7の三ッ峠から


霜が降りた登山道脇の落ち葉

101106mitutouge11.jpg



6日朝の澄んだ青空と富士山

101108mitutouge3.jpg



三ッ峠からの八ヶ岳の展望

101108mitutouge1.jpg




6日夕方の富士山

101108mitutouge2.jpg




果皮が弾けて赤い果実が見えたツルウメモドキ

101108mitutouge5.jpg


7日午後の富士山

101106mitutouge12.jpg


三ッ峠山荘の番犬カコちゃんの子犬
珍しいアルビノ品種?

101108mitutouge4.jpg


2週間で驚くほど大きくなっていました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

16 : 57 : 39 | 希少植物保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<太陽電池パネルの下に鳥の巣 | ホーム | 蓄熱式暖房機・アルディミニ導入>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/712-685c6430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。