スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

蓄熱式暖房機・アルディミニ導入

家は太陽光発電以外はあまり研究しなかったため、
後からいろいろと「こうすれば良かった...」と出てくるものです。


暖房もその一つで、リビングルームも床暖などはありません。



kazの仕事部屋はモニター2台に1000W電源を搭載したタワー型PCのお陰で、
暖房なしでもそこそこ暖かいため、本当に寒い時にたまにエアコンをつける程度ですが、
リビングルームのチジュールは暑がりで寒がり。



最初の冬はエアコンでしたが、ソファの真上にあるエアコンはうるさくてテレビの音が聞きにくい。
省エネ等級も☆が3つとあまり高くないのが難点でした。





そこで、昨シーズンは昔使っていた石油ファンヒーターを出しましたが、
これまた、石油くさい、給油は面倒で火気には注意が必要な事に加え




なによりも「化石燃料を燃やしているのでエコじゃないじゃん」との点が
心の中で引っかかっていました。結局シーズン通して199リットル、12600円分かかりました。




そこで、今年こそなんとかしようと思い、
蓄熱式暖房機の導入を決めました。




白山製作所のアルディミニです。

101104tikunetu1.jpg



参考HP:白山製作所



101104tikunetu2.jpg

操作部パネル


この蓄熱式暖房機はkaz宅のように、オール電化契約など、
深夜電力が1/3ほどと安価な電気料金の契約をしている世帯に向いていて


23時~7時の深夜時間帯に内部の蓄熱レンガに熱を蓄え、
それをゆっくりと放出するというもので、
輻射熱により部屋のなか全体がまんべんなくほんのりと
暖まるというものです。もちろん臭くもなく、
うるさくありません。安全でもあります。





ヨーロッパなどでは広く普及しているようですが、
日本では主にオール電化契約の住宅が取り入れ始めたとのこと。


また24時間暖房のため、
部屋の断熱性なども重要になるとのことです。




ネット通販で9万8000円ほどでしたが、
一度導入するとランニングコストはそれほどかからないとのこと。



内部に蓄熱レンガなど重量物があるため、
非常に重いのが特徴で家全体を暖めるタイプは通常200~300kgほどします。



そのため、普通は床下補強が必要で、
コンセントも200v用のコンセントが必要などハードルが高いのですが



このアルディミニはファンヒーターくらいの大きさで、3~8畳と小さな部屋向けらしいので重量が55kg、
キャスターがつき、コンセントも通常の100vで可能とのこと。



どうせ導入するなら早いほうが良い、
と思い切って導入してみました。
がミニとはいえ、やはり重い!



宅配された機器を1階から階段で2階に上げるのでさえ、腰が痛めそうだったので、
リビングルームに不在時はちょっと気軽に移動など当初の目論見はとてもとても...。




それともうひとつ気になること...
それはkaz宅はキッチン、リビングは15畳くらいに加え傾斜天井でロフトもあるなど、




このアルディミニでは小さすぎるのではという点も気になっていますが、
これについては、導入に合わせて、
もうすぐエコ改修工事を行う予定なので経過を見たいと思っています。


101104tikunetu3.jpg

※2008年12月の入居前に撮影


さて、使用感についてはまた後ほどアップしたいと思います。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

23 : 10 : 53 | エコライフ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<三ッ峠:防鹿柵設置作業をしてきました。 | ホーム | 電気ご使用量のお知らせ:11月>>
コメント
昨年買いました
断熱の6畳で使っています。
うちの場合、補助暖房ぐらいの
能力しか感じないのですが
(設定が悪いのか故障かも?と思っています)

こちらではいかがでしょうか?

by: hiro * 2010/11/16 10:19 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
コメントありがとうございます~。

まだいろいろとテスト中ですが、
やはり、寒い部屋を急速に暖めるという使い方はムリですね。

ベース暖房という言葉が相応しいか。

まあ、エアコンもあるので特に厳寒期の朝はエアコン併用になるかなと思っています。


そのうちアップします~。
by: kaz * 2010/11/16 12:08 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/711-0eef31e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。