スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

DPEプリントとプリンター出力

額装写真の注文があり、デジタルデータをDPEでA3ノビサイズに伸ばした。



従来ポジだったころは「ポジに忠実に」と注文すれば
ポジフィルムという色の基準があったが
デジタルではそのようなものはない。




掲載雑誌を色見本として添付するが、
「あくまでも印刷とは違うので全く同じではでませんが...」との返事



それでも、肌色のトーンは生かしつつ、
青空や木々の緑はより鮮やかに出ていて安心、満足の結果だった。

101020print1.jpg



さて、同時にアツモリソウの群落写真もA3ノビでプリントしてテストしてみた。


その後、キヤノンのショールームでついでに

A3ノビ染料インクのプロ用プリンタである、ピクサスPRO9000 Mark2
同様、顔料インクのピクサスPRO9500 Mark2

の2機種でA3ノビでプリントしてもらった。
紙は最上級のプラチナグレードだ。



家で、kazが所有する
エプソンのA3ノビ顔料インクのプロ用プリンタである
PX-G5600でA3ノビでプリントしたものと比較。こちらの紙はPM写真用紙光沢で
カラーマネッジメントはプリンタについてくるドライバーのみで、
ソフト側でのカラマネはOFFとした。


結果は

101020print2.jpg

左上:DPEプリント(色見本なし)
左下:エプソンPX-G5600
右上:キャノン ピクサス9500
右下:キャノン ピクサス9000





kazのハードウェアキャリブレーションされたモニターである
NEC2690WUXI2の画面と詳細を比べてみる。

101020print3.jpg

左上:DPEプリント(色見本なし)
左下:キャノン ピクサス9000
右上:キャノン ピクサス9500
右下:エプソンPX-G 5600




考察です。


・DPEプリントはモニター画面と比べても、実際よりかなり色が乗りすぎてキツイ印象。
やはり大伸ばしを頼む時は色見本は必要だろう。しかし光沢感は4種の中で最も高く、高級感がある。


・キャノン9500は極端に色が淡く出てしまった。さすがにここまでの違いはあり得ないだろうと疑い、
ショールームの女性がカラマネ操作ミスの可能性がある。


・エプソンPX-G5600は、同社の顔料プリンタは、多くのプロ写真家御用達という実績だけあり、
発色もきつすぎず、自然で落ちついている。階調が素晴らしい。
モニター画面と比べてもほとんど変わらない。

しかし顔料インクは発色が良く、耐久性に優れるものの、光沢感はないので額装した時、
表面ガラスがなければやや安っぽい印象を受ける。



・キャノン9000は染料インクだが、評判通り健闘していた結果だった。全体やや淡めの印象なものの、エプソンPX-G5600とあまり変わらない発色傾向を示した。実際のインクの耐久性が気になるところだが、染料インクの性質上プリント表面の光沢感はDPEプリントの次に高かった。




結論としては額装写真の注文の時はPX-G5600で出力したものを色見本に添え、D
PE出力をするのがベストということか。
関連記事
スポンサーサイト
22 : 57 : 32 | カメラ、PC関係 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<三ッ峠:シカ食害 | ホーム | 乳頭温泉郷トレッキング2日目>>
コメント
こんにちは。

うちはPX-G5000という旧機種ですがまだまだ現役でいい発色をしています。ただ、クリーニングすると目に見えて残量が減ってしまうのが難点ですね。
by: てばまる * 2010/10/27 15:53 * URL [ 編集] | page top↑
インクのコストパフォーマンスについてはこのクラスの機種は望むべからず...ですね。

kazの場合、光沢紙専用と割り切り、通常のA4ビジネス文書、カンプ用スーパーファイン紙は詰め替えインクのA4プリンタでこなしています。
by: * 2010/10/28 13:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/701-26c81cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。