スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

太陽電池関連ニュース2つ


三洋、太陽電池の変換効率21.6%に=量産レベルで世界最高


時事通信 10月18日(月)20時1分配信

※以下時事通信ニュースのより引用。

 三洋電機<6764>の佐野精一郎社長は18日、エネルギー変換効率が基幹部品(セル)で21.6%と世界最高となる太陽電池の量産化が実現可能になったことを明らかにした。
 同日、兵庫県加西市の新工場で行われた記者会見で公表した。詳細については後日発表する。同社が製造する現行の太陽電池に比べ、変換効率を0.5ポイント向上させたという。




レアメタル使わず太陽電池開発へ 昭シェル子会社とIBM提携

産経新聞 10月19日(火)18時42分配信

※以下産経新聞ニュースより引用

 昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアは19日、米IBMと新型の太陽電池を実用化するため共同研究を行うことで合意したと発表した。原料として主流になっているシリコンではなく、銅や亜鉛、スズなど安定的に調達できるものを使った「CZTS薄膜太陽電池」を研究する。希少金属(レアメタル)も使わない方式で、製造コストを抑えられるという。

 IBMの開発した技術をもとに研究を進める。ソーラーフロンティアは、原理のよく似た技術で銅、インジウム、セレン、ガリウムなどを使う「CIS系太陽電池」を量産しており、両社の技術を組み合わせる。

 CZTSは、CIS系のようにインジウムやガリウムといったレアメタルを必要としない。ただ、太陽光を電気にする変換効率は今のところ、最高で9.6%で、CIS系やシリコンを使った結晶型と呼ばれるタイプなど既存の市販製品が13~15%程度なのと比べるとまだ低い。

 今後は変換効率を高めていくとともに、効率的な量産技術の開発にも取り組む。ソーラーフロンティアでは、CZTSの原材料は調達しやすいものばかりのため、結晶型と比べて安いとされるCIS系よりもさらに10%程度はコストを削減できるとみている。

 IBMは、台湾のデルソーラーともCZTSで技術提携を結んでおり3社連合となる。 



      


昨年5月に設置したkazの太陽光発電モジュールは、
三洋HITのNKH210でセル変換効率は18.9%ですが、
最新のものはB205で20.2%のようです。



http://jp.sanyo.com/solar/system/module/index.html

※三洋電機HP

徐々にではありますが、変換効率が上がっているようです

わずか1.4%とはいえ地道な技術革新の積み重ねが、
世界最高の高性能太陽電池の開発につながるのでしょうね。





さらにレアメタルを使わない太陽電池というのも、頼もしいです。

レアメタルを使わないハイブリッド、
EV用電気モーターの開発成功のニュースが最近発表されたばかりですが、


今後は脱中国依存という意味で、脱レアメタルの開発が加速しそうです。
日本のグリーン技術、これからも大いに期待したいところです。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

23 : 07 : 08 | 太陽光発電 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<乳頭温泉郷トレッキング | ホーム | エコワット>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/698-2311e6c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースタ... 教えてください【2010/10/24 07:07】
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。