スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

妙高山

10月2日は妙高山の登山。


ルートは燕温泉から光明滝、称明滝を経て山頂へ登り、
下りは長助池をまわる周回ルート状。


秋雨前線も離れて天気は良い。6:15出発。


登山口となる燕温泉はひなびた印象の温泉街。

101002myoukou1.jpg






登山口から少し登ると無料の野天風呂である、黄金の湯。男女別に分かれていた。

101002myoukou2.jpg





登山道は赤倉温泉の源泉地まで管理道を兼ねていてコンクリート舗装されていた。


源泉の少し先、称明滝の麓にも野天風呂があった。
地図にも載ってなく、出来てから割と新しい印象だ。

101002myoukou3.jpg

通常なら先を急ぐところだが、あまりにも絵になるロケーションなので
思わず朝風呂としてしまう。





スキー場~のリフトを利用するコースとの合流点である、天狗堂を9:40通過。
登山口付近はまだまだだが、山頂に近づくと紅葉が進んでいた。

101002myoukou9.jpg

ミネカエデの黄葉






途中岩場にクサリ、ロープがある場所を通過し山頂には10時55到着。


振り返ると右に火打山、左には北アルプスの剣岳の展望も望めた。
最初の2454mのピークの方が高く展望がよい。

101002myoukou4.jpg





5分ほど歩いた先には一等三角点と山頂の標識があった。
ここまで来ると笹ヶ峰、黒沢池ヒュッテ方面方面からの登山者が多く賑わっていた。




下山は長助池方面へ。


ナナカマドの実が赤く色づき始めているのが印象的だったが、
亜高山帯の低木類から色づき始め、このようにカラフルな色彩も。

101002myoukou7.jpg





長助池はすっかり草紅葉の世界

101002myoukou8.jpg

枯れて残るイワショウブ




ここから色づいた木々越しに見る妙高山山頂。

101002myoukou5.jpg


ツバメオモトの青い果実、ヤグルマソウやマイヅルソウの黄葉などが目立つ中
秋の花もまだ咲いていた。

マイヅルソウ(ユリ科)

101002myoukou6.jpg


ゴマナ(キク科)

101002myoukou10.jpg







このほか、オヤマリンドウ、ダイモンジソウ、ナンブアザミなども咲いていた。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

09 : 47 : 58 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<電気ご使用量のお知らせ:10月 | ホーム | ベースキャンプ取材>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/689-5eed4128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。