スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

皇海山

3連休初日の18日は群馬県にある皇海山へ。


この山は2007年6月に庚申山から鋸山の稜線を通るコースで目指したことがあるが、
出発が遅れたことに加え、コウシンソウの撮影に時間がかかりすぎて


鋸山の途中で時間切れで断念したことがある。



その時、庚申山の山頂から見た切り立った美しい山容が印象に残っていたこと。
そして、日本人として、意味深な、かつ神々しい響きの山名から、


いつか登ってみたいと考えていた。


ちなみに「すかいさん」と呼ぶ。
「すめらみこと」に由来するのであろう。


今回は鋸山を越えてではなく
栗原川林道、皇海橋からの最短ルート。



稜線までずっと沢沿いで最後はFIXロープがある急な登り。

100918sukai1.jpg






稜線へ出ると鋸山の鋭鋒が見える。

100918sukai4.jpg




山頂直下にある青銅の剣
「庚申二柱大神」と書かれていた。

100918sukai3.jpg

信仰登山の山である庚申山の奥山からか。



針葉樹に囲まれた山頂だったが、
残念ながらガスのため展望はなし。




標高差800m、往復四時間と、ややあっけなかったが、
やはり庚申山からの縦走の方が達成感はあるだろう。



100918sukai2.jpg
山頂付近の針葉樹林の林床で見た初秋の彩り。
マイヅルソウ





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

16 : 08 : 47 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小川山:セレクションほか | ホーム | 八ヶ岳山麓:2日目>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/679-68b16834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。