FC2ブログ

<日中ハイレベル対話>レアアース進展なく 譲歩引き出せず

前回の太陽電池パネルの「落日」に関連して

もう一つ重大なニュースを一つ。



希少金属...「レア・アース」に関するものです。



電気というエネルギーを作る時に、原油がなくなっても現在は太陽電池があれば
簡単に作れるので、枯渇しようが心配はしていませんが、



モーターやリチウムイオン電池の電極材に使われる「レア・アース」となると
もっと真剣に資源エネルギー戦略を考える必要があり、



太陽光発電の普及に向けたコストうんぬんだの、くだらない議論よりも
はるかに重大な問題だと思います。





<日中ハイレベル対話>レアアース進展なく 譲歩引き出せず

毎日新聞 8月29日(日)2時33分配信

※以下毎日新聞WEBニュースより引用

 日中両国の主要閣僚が経済課題を話し合う「第3回日中ハイレベル経済対話」が28日、北京で開かれ、環境・省エネなど5分野・7項目で協力関係を強化することで合意した。しかし、ハイブリッド車の性能向上などに不可欠なレアアース(希土類)輸出を中国が規制していることについては、年1回の次官級協議で検討対象とすることに合意したものの、中国側は日本側が求める規制の緩和には応じなかった。次回会合は来年、日本で開催される。【立山清也、北京・浦松丈二】


 日本からは、共同議長を務める岡田克也外相のほか、野田佳彦財務相、直嶋正行経済産業相ら6閣僚と3副大臣が、中国側は共同議長の王岐山副首相のほか閣僚級8人が出席した。岡田外相は終了後の記者会見で「双方が戦略的互恵関係をさらに深めることで合意した」と述べた。



 会合では、省エネ・環境協力や次官級会合の開催のほかに、中国国内の物流や流通環境の改善▽人材育成▽民間レベルでの食品安全に関する情報交換や交流活動の強化--で合意した。また、世界貿易機関(WTO)ドーハ・ラウンドの推進や保護主義抑制、産官学による日中韓自由貿易協定(FTA)の共同研究を積極的に進めることでも一致。偽ブランドによる知的財産侵害問題でも取り組みをさらに強化することになった。



 一方、日本側が強く求めたレアアースの輸出規制の緩和については、中国側が「環境保護と資源枯渇の懸念」などを理由に規制は必要との認識を示し、結論は先送りされた。また、中国国内の日系企業で賃上げを求める労働争議が相次いだことから、日本側は法整備を要請したが、中国側は「国が発展する途上で労働争議が深刻化する時期はある」と応じるにとどまった。


 ◇日本企業「値上がり警戒」

 経済対話の主要テーマの一つは、中国のレアアース輸出規制だった。直嶋経産相は「輸出枠削減がレアアース不足をもたらし、世界の産業に重大な影響が出る」と懸念を表明。中国側が求める環境技術の移転などを提示して譲歩を引き出そうとしたが、中国側の姿勢は硬いままだった。


 レアアースは、磁石の原料となるネオジム、耐熱性を高めるジスプロシウムなどに代表される希少金属の総称。ハイブリッド車や携帯電話部品の性能向上、液晶のガラス基板の研磨剤などに不可欠で、中国が世界生産量の9割を占める。


 中国は7月上旬にレアアースの輸出を昨年比で約4割削減すると発表。輸出規制が続けば日本のハイテク関連企業に影響が出かねず、大手電機メーカーからは「価格が上がりつつある」と懸念の声が上がっている。



 しかし、中国側は対話の中で、採掘に必要な大規模開発の環境負荷が大きいことを挙げたほか、「資源保護と国の安全保障上、規制はやむを得ない」と強調した。「レアアースを求める外国のハイテク企業を中国に呼び寄せ、高い加工技術を移転させる」(外交筋)ことが真の狙いともいわれており、簡単に譲歩に応じる気配はない。


 一方、協力関係の強化で一致した模倣品による知的財産権の侵害問題については、中国製模倣品による日本企業の被害は年間約9兆円に達するともいわれているだけに、中国側の対応への期待感は強い。だが、「模倣品の工場が地方の雇用の受け皿となっているなど国内事情もあり、政府の掛け声だけで簡単に解決できる問題ではない」(日本政府関係者)という見方もあり、解決にはまだ時間がかかるとみられる。


 ◇ことば 日中ハイレベル経済対話


 両国の経済関係の閣僚級が一堂に会し、経済課題を協議する場。経済面での「戦略的互恵関係」を具体的に展開する狙いがある。主要課題を包括的に協議する場として設けられ、07年12月に北京で第1回、09年6月に東京で第2回が開かれた。背景には、小泉純一郎元首相の靖国神社参拝などで冷え込んだ日中関係を改善しようとする両国の意図もあった。



               




外交は「かけひき」とも言われていますが
特に中国に関してはまさにこの言葉通りだなと思いました。





いきなり正面から無邪気に「お願い」しても、
簡単に譲歩は引き出せないだろうとは誰にでも予測できていただろうと思います。




レア・アース問題では中国を頼るのではなく、中国以外、
アフリカ諸国や中近東、南米諸国との関係協力強化して、
この方面からのルートを開拓するしかありません。



さらに重要なことは、レア・アースを使わない、もしくは少量で済む
代替新技術の開発が急務でしょうか。




例えばEVやHVの電気モーターにはネオジウムというレア・アースが大量に使われているそうですが、
有名な電気自動車スポーツカーである、アメリカのテスラ/ロードスターは
誘導モーターというネオジウムを使わない技術が使われているそうです。



関連記事:物理学者テスラの名前を冠したEVベンチャーの実力(日経エコジャパン)



他資源国と協定を結ぶと同時に
それらの研究開発に、国をあげて予算付けして取り組むことを発表し、実行する。




中国と交渉するとしたら、その成果がある程度現れてからの方が遙かに効果的でしょう。



さらに付け加えると、靖國神社の参拝問題は内政問題であり、俎上に上げること自体がおかしく
日本側がいたずらに、外交貿易問題と結びつけようとしても、



ますます中国の思うつぼにハマるだけで
国益がますます失わるだけだと思います。


政治家さん、もっと戦略的に考えましょう~。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:憂国ニュース - ジャンル:ニュース

09 : 41 : 55 | 社会問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<太陽光発電システム:冷却実験 | ホーム | 小川山>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/673-1f852f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード