スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

北岳バットレス:装備編

北岳バットレスロケ
で使用した装備をいくつか紹介。



スリック三脚
カーボンスプリントPRO624


100810kitadake3.jpg

※左端のもの。中央はGITZO1128、右端はGITZO1228
いずれもカーボンファイバー製




超小型のカーボン三脚である。
これまで主に2種類のGITZO製の三脚を使い分けていたが


今回は岩壁でぶら下がってカメラを固定してムービーを回すなど
これまでの手持ちのスチール撮影の通りには行かない。


たたむと35cmまで短くなる、重量は830g


雲台はこれまでのベルボンのマグネシウム合金製のものを流用。

100810kitadake2.jpg

事前にスリングをつけてカラビナをつけられる仕様にした。
その理由は


100810kitadake1.jpg


クライミングハーネスのギアラックにつり下げてビレイできるからである。
このスタイルで登った。




他にシューズはアプローチシューズである、


スカルパモジト



ソールのフリクション性能がよい。
またクライミングシューズを入れている袋に入るほど
コンパクトで収納性に優れる。

100810kitadake6.jpg


しかしながらカカトの部分は厚めに出来ているなど、
そこそこ登山でも下山時のショックの吸収性にも
気が配れた作りだ。


ヘルメットには
BDのトレーサーヘルメット

100810kitadake5.jpg


重量260gと軽量。

実はこれまで使っていたカンプの少し古いヘルメット(写真奧)が頭にあってなく
取り換えた。

kazは頭が大きめなためか、細身の欧米ブランドが多いクライミングヘルメット選びには
苦労する。

ペツルシャルレなども軽量でデザインも良かったが頭に合わず。





その他以下の装備を使用

100810kitadake4.jpg


カムはBDのキャメロット。
ルートから少しずれて撮影する時の振られ止めとして。


シューズはいつものアルパイン用に少し大きめにあわせてある
アナサジベルクロ。
きつく感じたらビレイ点で脱ぐことも可能。


またセルフビレイ用としてメトリウスのPASを
使用してみたが、

これまでのデイジーチェーンの長さになれているせいか、
やや短めに感じた。

関連記事
スポンサーサイト
00 : 04 : 59 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<猛暑と太陽光発電 | ホーム | 北岳バットレス:後編>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/659-4d367cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。