スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大雪山小泉岳

7月31日は大雪山の小泉岳で撮影。


正確にはkazが受けている一眼レフムービーを駆使した撮影の業務で
メイキング撮影といい、

kazが撮影してカメラを回している姿を、他のムービーカメラマンが撮影するというもの。

100731daisetu2.jpg


メイキングカメラマン使用のHDVと
kazがTシャツの裏側から貼り付け、ケーブルを通してポケットに入れたレシーバーマイク(中央)




大雪山小泉岳は4回目くらいだろうか

銀泉台7時待ち合わせで赤岳~小泉岳~白雲岳避難小屋と歩いた。
kazの他に、ディレクター、ムービーカメラマン、サポートの計4人。



天気は良く、赤岳山頂からは主峰旭岳もよく見えた。

100731daisetu1.jpg


しかし、7月は北海道はずっと天気が悪い傾向で、
ディレクターは10日ほど他のメイキングの関係で大雪山にいるがずっと雨だったという。



しかしその割に気温は高く高山植物は予想よりかなり咲き進んでいた。
それでも雪田草原周辺にはお花畑があるだろうと思っていたが、期待していたほどではないか。。。


一応エゾのツガザクラ、アオノツガザクラ、チングルマ、エゾコザクラも咲いていたが。。。

100731daisetu5.jpg






こちらはやや雪が遅くまで残る礫地に生えるチシマツガザクラ、東北北部以北に分布する高山植物だ。

100731daisetu3.jpg



こちらはシロサマニヨモギと小泉岳~緑岳の稜線。

100731daisetu4.jpg




後にビジターセンターで聞いたところ、稜線は開花が全般的に10日ほど早いという。
しかし春先の天候不順のためか雪田はいつもより雪が多く、開花が遅れ気味らしい。


地球温暖化の影響は、ロシアや極地方など高緯度ほど顕著に表れるというが、
今年は(本州の高山と比べて)明らかに北海道は様子がおかしいようだ。


雨ばかりなものの7月は道内各地で2°ほど平均気温が高く、
その前の6月は晴天続きで暑いくらいだったという。



気恥ずかしいメイキング撮影もさることながら、
地球温暖化の影響と思われるこの開花状況が気になる1日だった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

06 : 59 : 22 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<民主大敗でも環境政策は前進 | ホーム | 電気ご使用量のお知らせ:8月>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/650-9eee16b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。