スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

観察会

28日の保護活動に続き、
29-30日で「八ヶ岳森の学校」による観察会が開催

100529morinogakkou.jpg


参加者は7名で、12時に美濃戸口の八ヶ岳山荘に集合し、
美濃戸まで歩きながら植物観察を行うという内容。


今回の参加者はレベルが高い人が多く
美濃戸までの道中でも様々な植物が観察できた。


ウスバサイシンの葉の裏に生み付けられた、ヒメギフチョウの卵。

100529morinogakkou3.jpg


食草なのです。



こちらは宿題だった、イワネコノメソウ

100529morinogakkou4.jpg

他にワダソウ、スミレ(ホコバスミレに近かった)、ヒメスミレサイシン、サクラスミレなど
様々な花が咲いているなか
40分のコースを2時間かけて美濃戸へ。


休憩後、ホテイランを観察していると、天気予報通り急に雨が降り始め、急いで退却。

宿泊は美濃戸山荘。
夕食前後はKAZのパワーポイントによる、八ヶ岳の高山植物の魅力と、
希少高山植物の保護政策、特に崕山やアポイ岳についてのスライド上映



夜はさらにこんなにカワイイ珍客も

100529morinogakkou2.jpg

ヤマネです。

そして翌日は再びホテイランを観察し、美濃戸口へ

100529morinogakkou6.jpg


皆様お疲れ様でした。
関連記事
スポンサーサイト
21 : 43 : 05 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<電気ご使用量のお知らせ:6月 | ホーム | ホテイラン保護活動2010>>
コメント
ども!
ホテイランは着実に成果の出ているのが分かるような気がします。
山道をあんなにゆっくり歩く機会は貴重ですね。色々なスミレが見られたのも収穫でした。復路の用水路沿いのコースもなかなか良かったです。
ホテイランを見に行く前にパワポの講義があってもよいのではないかと思いました。
そうそう、キリギシヤマって崕山
って書くのですね。山渓読んで初めて知りました。
by: azm * 2010/06/05 01:04 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。

ホテイランの前の講義ですか。
簡単な事前学習はしても良かったかなと少し思いました。


水路の前の徒渉はなかなか面白かったですね。

崕山機会あれば是非とも参加をオススメします。
マジで素晴らしい経験になるかと思います。
※抽選はもうないとのことでハードルがかなり下がっています。
by: * 2010/06/05 07:19 * URL [ 編集] | page top↑
ヤマネにつきまして(照会)
kaz-arai様

はじめまして、長野県在住の杉山昌典と申します。突然のコメント問い合わせで申し訳ありません。
kaz-arai様の活動日誌1中の「ヤマネを発見された」との内容をGoogle検索で知り、ヤマネ発見時の詳細を知りたく、不躾ながらコメント書き込みさせて頂きました。
私は職場でヤマネの生息調査を行っているのですが、全国のヤマネ発見事例を収集してヤマネの生息分布図を作成しております。
http://maps.google.co.jp/maps/user?uid=111009373809205774666&hl=ja&gl=jp

誠に勝手なお願いで申し訳ありませんが、お教え頂ける範囲で構いませんのでその詳細をご教示いただけましたなら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

by: 杉山昌典 * 2010/06/05 15:28 * URL [ 編集] | page top↑
RE
こんにちは。

ヤマネのことですね。

美濃戸山荘の布団を広げたら出てきました。

眠っていたのか動きは鈍かったです。

全国各地の山小屋ではこのような話はよく聞きますよ。
by: Kaz * 2010/06/05 23:35 * URL [ 編集] | page top↑
ヤマネにつきまして(お礼)
突然の不躾なコメント書き込み問合せにもかかわらず、早速にご返信・ご教示を真にありがとうございます。

私の不勉強もありますが、ヤマネ目撃情報が中々十分に収集できない状況でしたので、今回ご教示頂きましたヤマネの情報は真にありがたく、またとても貴重なヤマネの生息確認地となりました。

この度は真にありがとうございました。
今後またヤマネの目撃情報がございましたならご一報頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。
by: 杉山昌典 * 2010/06/06 09:09 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/625-b95c8593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。