スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

早春のアポイ岳

週末は北海道へ飛び、様似町のアポイ岳へ。


100522apoi7.jpg



かんらん岩からなり、固有種を含む珍しい植物を多くはぐくむ
花の名山であり、特別天然記念物の山だ。

100522apoi3.jpg



昨年に続き2年連続、今年は初めてである。



この冬は北辰運動による寒気の流入が大きく例年以上の降雪に加え、
春先も定期的に寒気に覆われ雪解けが遅かったためか、

今年は開花が早まっているここ最近の傾向から2週間ほど遅れているという。


まず、22日(土曜日)の登山口からの開花状況から

エゾオオサクラソウ...満開(上部はつぼみも)



フイリミヤマスミレ...満開

100522apoi9.jpg

アポイ岳のものはほとんどフイリである。


アポイアズマギク...(ほとんどまだ開花していない)

サマニユキワリ...満開(上部はつぼみも結構あった)

100522apoi5.jpg



アポイタチツボスミレ...満開(つぼみも)

100522apoi2.jpg

今年はアポイタチツボスミレの当たり年だという。



エゾキスミレ...満開(つぼみも)

100522apoi8.jpg



ヒダカイワザクラ...満開(つぼみも)

100522apoi6.jpg


最後にアポイの至宝であり、様似町のシンボルでもあるヒダカソウですが、
残念ながら登山道脇の個体は葉のみで咲かなかったようです。



という状況でした。

アポイ岳は時期により高山植物が次々代わって咲きますが、
この時期はやはり良いですね。


アポイ岳ファンクラブのTさんどうもありがとうございました。


※次回の記事ではアポイ岳に迫る問題と
絶滅危惧種・ヒダカソウについて簡単にまとめたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 29 : 33 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アポイ岳の再生とヒダカソウの運命は... | ホーム | 発電量に関する考察>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/618-eaf8774b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。