スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

佐渡:ドンデン山

5/3は佐渡へと移動して島へ渡った。
2005年以来、5年ぶりである。


日本中が注目しているトキの放鳥効果もあり、
佐渡は賑わいを見せていた。



アオネバ谷からドンデン山へと登ることに。
周囲の山は今がまさに桜が満開の時期


100503sado.jpg



芽吹き始めた新緑にヤマザクラとが印象的だ。



2002年に最初に登ってから4回目、5年ぶりのアオネバ谷は
登山口に立派な案内板もできたばかりでなく、バスの便もできてバス停もあった。



そして、登山道も整備されていた。
ただし、行き交う人も増え、道幅も広がり、


そして例によって良い群生には直ぐ前まで踏み込み道も...。




ここはまさに春の花オンパレードだ。
エンレイソウ、ニリンソウ、カタクリ、スミレサイシン...と次々あらわれる。



ただし、早くもブユもオンパレード!
赤く膨れる腕や首にこれさえなければなぁ...。


とまあ、刺されもある程度慣れということ。
日本海側の谷筋はある程度仕方がないので、先へ。



アマナの群生

100503sado2.jpg


kazが住む多摩にも家の近くである。
豊かな里山の指標種のような植物である。




ミスミソウ

100503sado4.jpg


これは花が大柄のオオミスミソウタイプだが
花がスハマソウなみに小さいタイプもあった。

100503sado6.jpg

全体的に花期はちょうど良かったが

ミスミソウは中腹まで終わり気味。登るにつれて咲き始めになり、その後は残雪も出てきた。



シロバナエンゴサク
100503sado5.jpg



尾根の下からずっと残雪の上を歩く、スパッツはつけるがアイゼンが必要なほどではない。




振り返ると佐渡最高峰の金北山にはたっぷりと残雪が残っていた。

100503sado3.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

09 : 45 : 09 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<青森:ヒメホテイラン | ホーム | ホタルカズラ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/606-e77f58fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。