スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

高速道路新料金に関連して一言

高速料金上限、普通車2千円・エコカー半額優遇

4/9読売新聞ニュースより 以下転載


国土交通省は9日、一定の走行距離を超えた場合に料金を定額にする、新たな高速道路の上限料金制度を発表した。

 6月から導入し、首都高速や阪神高速などを除いて普通車は2000円、軽自動車は1000円、トラックなどの中・大型車は5000円を上限とする。

 昨年3月に導入された土日・祝日の「上限1000円」の割引や、曜日や時間帯で異なる現行の割引制度に代わるもので、国交省は料金体系を単純にすることが狙いだとしている。ただ、現行の割引が廃止される結果、多くのドライバーには実質的な値上げとなりそうだ。

 上限料金制度は、6月から37路線の50区間で始める一部の高速道路無料化に合わせ実施する。

 ETC(ノンストップ自動料金収受システム)の利用に関係なく、すべての車に適用する。上限料金となる距離は普通車で約70キロ、軽自動車で約40キロ。エコカーの普及を促すため、エコカー減税の対象車のうち、ガソリン1リットル当たりの燃費が20キロ以上の普通車は軽自動車と同じ上限1000円に優遇する。

 新制度の導入に伴い、現行の割引のほか、たまったポイントを通行料金にあてられる「ETCマイレージサービス」なども原則、廃止する。このため、平日に長距離を走る機会が多いドライバーには値下げになるが、1回の走行距離が短い多くのドライバーには値上げとなる。

 国交省は新制度を11年3月末までの試行とし、渋滞の状況などを見ながら制度を見直す考えだ。

 また、首都高速と阪神高速は、普通車で一律700円(東京線、阪神東線)などとしている定額料金制をやめ、走行距離に応じて500~900円(普通車)を課金する方式に改める。ETCを付けていない車は上限額を徴収する。実施は年末以降となる見通しだ。

 新たな料金制度の導入を受け、「上限1000円」割引などの原資として2018年3月末まで国費で手当て済みの計3兆円のうち、1・4兆円が高速道路の整備に使われることになった。割引より整備を望む地方の声に配慮した民主党の要望によるもので、政府は3月に関連の法改正案を閣議決定している。

 鳩山政権が09年度補正予算の見直しで執行を止めた東京外郭環状道(関越―東名間)、名古屋環状2号線(名古屋西―飛島間)など6事業の整備にあてられる。






この6月から実質的に近距離だと値上げになるようです。


kazも経済的に値上げは正直ツライのですが、鉄道などより公共性が高く、
環境にも優しい交通機関との整合性を考えると、まあこれは仕方がないでしょう。



でも上限料金が設定されているのは、本来走行距離に応じた負担として考えた場合、
近距離利用者との長距離利用者がなぜ同じなのか?
とつじつまが合わないのではと思います。


マニフェストにある「物流コストを下げる」という目的なら
上限があるのはトラックだけでも良いと思うのですが。



一つ評価できる点はハイブリッド車などエコカーの場合、
上限が半額の1000円と差別化されたことでしょうか。

しかも燃費がリッター20km以上という制限があるのも評価できましょう。




しかしながら、本来のCO2削減目標など大胆な環境政策と、
より抜本的な次世代自動車の普及促進という大義からすると
もう一歩踏み込んでもよかったのではないでしょうか。


具体的には、上限はなく従来の走行距離に応じた金額で

カタログ燃費でリッター10km以下....全額負担
10~20km...3割引き
20km以上...5割引き
電気自動車...無料(これこそ高速無料化か)



走行時CO2を含み、排気ガスを全く排出しないEVは、
バッテリーに充電する電力が、発電時に排出されるCO2として計算しても

ガソリンと比べてCO2排出量は1/3以下となるので、
同じ「エコカー」としてハイブリッド車と同列に扱うのもいかがなものかと。



しかしkazも早くハイブリッドがほしくなりましたね。
リーズナブルな価格で5ナンバー枠のミニバンで出てくれると一番嬉しいのですが。

プラグインハイブリッドならなお嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

20 : 42 : 42 | 社会問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<装備更新1:登山靴 | ホーム | 高尾山:ヤマザクラの頃>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/589-b989d1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。