スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

新潟:角田山

4月8日は新潟県の角田山へ。

2002、2003年の春に登って以来7年ぶり。

登りは桜尾根で下りは宮前口へと下りた。



前日の寒気の影響が残っていたせいか、朝から曇りで気温も低い。
昼前後から晴れたが、気温は低く春の花たちの開花もおもわしくない。

100408kakuda2.jpg


7年ぶりに登った桜尾根は、相変わらずのスゴイ人気か。
平日も関わらず人が多く、



コースも荒れ気味。
ロープがあちこちで張られてていてやや興ざめ気味。


なんとなく、デジカメ、ケータイカメラの普及とともに
安易な踏み込みが目立つようになったと感じるのはkazだけではないと思うが...


望遠レンズがあれば踏み込まなくともアップで撮影可能な場所も多いと思うんだけど...。








ミスミソウ、カタクリとも中腹ではちょうど見頃だったが、
特に登りではカタクリは花弁を閉じていた。

100408kakuda4.jpg





ミチノクエンゴサク、ナガハシスミレなど関東近辺ではなじみの薄い
日本海要素の植物たちが次々と見参した。

100408kakuda6.jpg






登りの途中ではシロバナスミレサイシンも道ばたで咲いていた。


100408kakuda5.jpg




下りの登山口近くにはショウジョウバカマの群生も。

100408kakuda3.jpg




この植物、日本海側の多雪地を中心に分布は広いが、
特に垂直分布が広い。


このように海岸近くの低山の林内で見ることもあれば、
標高2500m以上の高山で見ることもある。



通常多くの種は
照葉樹林帯(シイカシ帯)<山地帯(ブナ帯)<亜高山帯(シラビソ帯)<高山帯(ヒゲハリスゲ帯)


と植生帯が分かれる中なかで一つないしは2つにまたがるという例は多いが、
このように標高差3000m近くまたがって分布している種は珍しい。



高山の場合、雪解けが遅い環境となる、雪田草原に多い。
共通しているのは多雪の環境だろうか。





下山後角田浜へ下りて日本海を眺める。

100408kakuda1.jpg

沖合には佐渡の島も見えた。




kazは海の近くの街で生まれ育ったため、

なんとなく懐かしさを覚える風景だ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

17 : 27 : 39 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<過去最高記録更新 | ホーム | ヤマザクラ:多摩丘陵>>
コメント
同感です
こんばんは。
角田山は昨年私も出かけましたが、人が多いのには驚きました。
私が出かけたのは週末ですので混むのは当然ですが、団体でぞろぞろ入山してくるので撮影も躊躇してしまうほどでした。

撮影もデジカメの普及によってほとんど全員が同じ被写体にカメラを向けるわけですから撮られるほうもストレスを感じていることでしょう。
特に踏み込みは大きな問題ですね。
ロープを張らなければますます踏み込まれてしまうでしょうし、なかなか難しいですね。
モラルを問うだけでは収拾がつかないほど多くの人が来てるんだと思います。
特に最近はネットの普及によって情報が簡単に入手できることも要因のようです。
植物を保護するための活動がもっともっと必要になってきていると思います。
最近特に強く思うようになりました。
by: 深谷 * 2010/04/12 21:06 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。

どうも新潟の方は高尾山などと違い、若い現役世代が比較的あまり見ず、そのため週末はもちろんですが、平日も人が多いのかなという気がしました。

ロープもしかりとしたグリーンロープではなく、アンテナ線や、ひものような簡単なもので、

そのロープが張ってあるにもかかわらずそのロープを超えた先が踏まれまくっていたのを見ると、少し悲しい気もしますね。

花が多い山で魅力があるのは変わらないので、せめてこのコースはしっかりとした整備と保護運営が必要かなと感じました。
by: * 2010/04/12 21:46 * URL [ 編集] | page top↑
私有地
こんにちは。
わたしも月初めに角田山に行ってきました。

 何十人もの団体が登ってきて追われながら登ったのであまりゆっくり花を楽しんだり撮影したり出来ませんでした。この傾向は他の山にもありますね。いわゆる団塊の世代層がこぞって山に行くようになりましたから・・・。小分けにして登ってくれると助かるのですけどね・・・。
 角田山は聞くところによると私有地だそうで大規模な登山道整備とかが難しいそうです。
by: てばまる * 2010/04/15 11:13 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
コメントありがとうございます。

私有地という案内板は確かに立ってありました。

また山頂方面からの分岐には道標がなく、地図にもないことから、おそらく市としては黙認のような状況なのでしょうかね。

寛容な地主さんだなと思いましたが、あまり盗掘やら踏み荒らしが続くと、いつまでも同じ状況とは限らないかも...。とも感じました。

両上山のどこかのコースように閉鎖ということにならなければ良いのですが...。

by: kaz * 2010/04/15 15:44 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/585-bc1db8cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。