スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

3月の発電実績

KAZの太陽光発電システム(三洋HIT5.0kw)


2010年3月の発電実績となります。


100401taiyoukou1.jpg






発電量 543kwh
消費量 756kwh
売電量 389kwh
買電量 602kwh
自給率 71%


1月は日照時間が短いにもかかわらず、冬型気圧配置の晴れ続きで688kwhと過去最高
反対に2月は曇りや雨が多くなり415kwhと過去最低。


3月はだいたい、その中間の数値で落ち着きました。



1日あたりの平均は17.5kwh
システム1kwあたりでは3.5kwhとなります。







消費量は2月より増えて612→756kwh
2月は前半2週間ほどチジュールとlynnが留守だったのに対し、
3月は来客もあり、寒い日も多かったためでしょうか。





まあ、Kazの仕事も単行本がまだ片付かず、内業が多めだったこともあるでしょう。


そのため発電量は上がったものの、電力自給率はそれほど向上しませんでした。




こちらは日毎のデータ

100401taiyoukou2.jpg



2月の最高は設置以来過去最高となる30日の33.5kwh

100401taiyoukou7.jpg




昼過ぎから高曇りでしたが、空気も冷たく発電には好条件だったと思います。




最低記録は1.7kwh




こちらは発電量と消費量

100401taiyoukou4.jpg






こちらは売電量と買電量

100401taiyoukou3.jpg





売電量は389kwhで発電量の71%を売電したことになります。





こちらは前月との消費量の比較

100401taiyoukou5.jpg





こちらはCO2換算での発電量(削減量)

100401taiyoukou8.jpg




46kgの削減効果





5/29の発電開始以来、10ヶ月が過ぎ、これまでの積算は


100401taiyoukou6.jpg


5245kwh

しかし、消費も5716と470kwhほど多くなっている!

電力自給率は91%まで低下。


あと、2ヶ月で目標の電力自給率100%に戻すことは可能なのだろうか?
5/29の設置以来、達成していて9月ぐらいでは300kwhほどアドバンテージがあったけど
冬になり消費量が増えると減り始め、1月から割り込んでいたのです。


この先、統計的には4月、5月はもっとも発電量が伸びる時期。



そして、消費は大気の気温が上がるとともに、
オール電化の場合、エコキュートの給湯に使われるエネルギーが少なくなる。



しかし、結構差が大きく開いたので、ちょっと厳しいかも...。
でも、kaz家では4月からライフスタイルがちょっと変わり昼間の使用電力が減るので、経過を見てみたいと思います。








さて、東京電力のCMで最近「ツインソーラー」という言葉を聞くようになったことは
すでにご存じな方も多いと思いますが、



参考:東京電力HP


2つの「ソーラー」という意味の
片方が太陽光発電というのは簡単に想像できるところですが、





もう一つは何か???
それはエコキュートのことらしい。


よく見てみると「太陽で暖められた空気の熱」を利用するから、とのことだけど、
深夜時間帯は空気も冷えているし、ちょっと無理があるかも~


と感じたのはkazだけではないでしょうか。



まあ、消費電力としてはやはり昼間の午後に、エコキュートを動かして
お湯をためた方が効率が良いに決まっていると思いますが、



深夜時間帯である23時~朝7時に通常動きます。
それは、原子力発電所は出力レベルを24時間一定にする必要があり、



夜間に運転を停止する訳にいかず、その余る電力をオール電化契約という形で
約1/3という安価な電気代単価に設定して、エコキュートを動かすのに使うという訳です。



まあ、サイフには優しいという訳ですが。



ところで、これまで電力会社がメガソーラー発電所は別として
個人住宅の太陽光発電を大々的にPRするのはあまりなかったように思えますが、



これも、もはや太陽光発電の今後のますますの普及は
-25%CO2削減を実現する上でも不可避であり、市場も急拡大していること




ガス業界のコージェネ(ダブル発電)に対抗する意味もあるからか?



また、昨年11月のFIT制度開始以前、電力会社が(RPS法により?)
自主的に買い取っていた家庭用太陽光発電の余剰電力が


電気利用者の全員参加型の「太陽光サーチャージ」によって電力会社は、
買い取りの費用負担がなくなったから???
※実際はその辺はよく知らないけど



まあ、ともあれ今後、太陽光発電ますます注目されそうです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

18 : 12 : 28 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雅印 | ホーム | 裏高尾ハナネコノメ27日>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/579-780d814e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。