スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

裏高尾ハナネコノメ27日

27日、土曜日
再び裏高尾小下沢へ。




このところ寒い日が多く開花の前線も足踏み状態だ。




今回もハナネコノメ。

100327takao5.jpg




実は23日に撮影に訪れた場所で、撮影したい群生ががあり、
まだ咲いていなかったのだ。





そして新たに今回用意したのはこの沢登り用シューズ。
裏にフェルトが張ってあり滑りにくい。

100327takao4.jpg




最近はあまり沢登りに行く機会がなく、
前回使用したのが丹沢のサガミジョウロウホトトギスの撮影で丹沢の沢を遡行して以来。




まだ春先なので水は冷たかった。


しかし撮影と行動の自由度は格段に上がる。




流れが速い瀬の際の岩場に生えていたハナネコノメ

100327takao2.jpg






こちらも膝まで水に浸かる場所から撮影

100327takao3.jpg




今年は水量が多いのだろうか。
水に沈んでいる花もかなり見られた。










ところで裏高尾、駒木野のアズマイチゲやヤマエンゴサクが多く咲く場所では前回、
グループを含むかなり多くの人で賑わっていたが、はっきりとしない道があちこちにでき始め
正直「けっこう荒れ始めているかな...」との印象





その時、ビジターセンターのレンジャーさん風の人が二人現地をいろいろ見ていたようだった。
ひょっとしたらここにもロープを張るのだろうか...






と思っていて本日この場所を通ったら、案の定ロープ張りの作業中のよう。





100327takao1.jpg




ある種のジレンマではあるのだけど
どうしても、人が増えると保護と利用のバランスを保つのが難しくなるのは仕方がないようだ。





kazも八ヶ岳のホテイランで保護側の立場に立ったこともあるのでわかる。

2009年5月28日ブログ




まあ、完全シャットアウトではなく、観察通路を工夫して、
観察したり撮影できる株は、見せるような観察路のコース設定で、


せっかく訪れた人たちにも配慮してあるのがベストではないだろうか。





あとは望遠レンズを使うなり、フレーミングを工夫するなりと、
ルールを守りつつも表現するのは可能なのだから。




でもまあ将来、
ロープ沿いに見事な群生が復活するのを楽しみに待ちたいものですね。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

11 : 16 : 44 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<3月の発電実績 | ホーム | プロパンガスの料金って高い?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/578-59032a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。