FC2ブログ

白馬乗鞍岳テレマーク

21日、日曜日


テレマーカー3人で白馬乗鞍岳へ。
栂池高原スキー場からの日帰り。
メンバーは先週に続きD助さんと、リベンジ(?)でのR君

100221norikura1.jpg




成城小屋、天狗原経由で標高差は800mほど。
出発は11時前とやや出遅れた。
それにしても気温が緩み春のような陽気。

100221norikura2.jpg



稜線はすっきりしてなかったが、成城小屋から天狗原への途中で
ガスが濃くなり、ホワイトアウトに近い状態。

100221norikura5.jpg


しかしGPSで計器歩行?が可能なので心配はない。



「いけるところまで」と考えていたが、
白馬乗鞍岳の途中でガスが切れて晴れてきた。

100221norikura8.jpg


途中、白馬乗鞍岳のオープンバーンを滑り降りていたテレマーカー。


100221norikura7.jpg





標高2469m、白馬乗鞍岳はだだ広い山頂だ。
結局天気が良くなったため、山頂の一番高い地点まで登ってしまう。


100221norikura10.jpg


ちなみに最高点には登山道はなく、少し離れた場所にケルンがあった。
夏には一面ハイマツの海となる場所だろう。


そそくさと休憩後下りる準備





100221norikura12.jpg

15:00、天狗原に向けて滑り降りる。



基本的にパウダーだったが、薄く部分部分で固いところもあり、
kazは無理をせず下りは安全に滑り降りた。



100221norikura11.jpg

軽快にテレマークターンを決めるD助さん。




天狗原から栂池自然園まではすっかり重くなっていて、
かなりの修行系



パウダーの季節は過ぎようと、季節は確実に進んでいる印象。

kazにとっては、同じ粉でも雪から花へ
つまり粉雪から、花粉に苦しむつらい季節となる。。。



雪質もあり、滑りはわずかけ楽しめたが、
それでも山が美しかったから、

印象深い山行だった。




===この日のPhoto Shot===

100221norikura4.jpg

小春日和のダケカンバ木立



100221norikura14.jpg

白馬岳と白馬主稜





100221norikura15.jpg

唐松岳と八方尾根、背景は五竜岳、鹿島槍ヶ岳







100221norikura13.jpg

白馬乗鞍岳山頂から展望と空
右から小蓮華山~白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~鹿島槍ヶ岳

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:テレマークスキー - ジャンル:スポーツ

01 : 18 : 17 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スノーシュー取材 | ホーム | ロストアロー展示会>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/553-84ec0f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード