スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

エココンビニ:環境配慮型店舗

1月26日は冬型気圧配置の晴れ


澄み渡った青空が広がり、KAZの太陽光発電システム(三洋HIT5.0kw)は
今年最高の発電量となる28.3kwhを記録した。

1000126sebun5.jpg

1月の積算発電量も579kwhと、
過去最高だった8月の572を抜き、600kwhを超えるのは確実な勢いだ。


さて、今日は仕事の合間に以前ニュースで知って気になっていた
セブンイレブン初となる環境配慮型店舗を見に行くことにした。


実はKAZの拠点である多摩界隈にある。
セブンイレブン 多摩豊ヶ丘4丁目店。

8/31にオープンしたばかりとのこと。

http://eco.nikkei.co.jp/release/article.aspx?id=RSP229508+28082009

※日経エコロミーニュースより



山岳、自然、環境分野で
フォトグラファー・ジャーナリストとして活動している以上

そして太陽光発電システムの導入済みである以上、
これはもう見ないわけにはいかないでしょう。



という訳で太陽光発電ユーザーとしての視点からも簡単な「取材」に。
※といっても突撃取材か?

で、こちらがその店舗
1000126sebun4.jpg


外には案内表示板があった
1000126sebun2.jpg

主な項目は

・太陽光発電システム
・自然採光窓(トップライト)
・断熱ペアガラス
・照明にはLED
・外壁材(外張り断熱)
・省エネ型冷蔵、冷凍ケース
・廃熱給湯システム

など書かれていました。



すぐ横に通路の階段があり、そこから天井を見てみると

1000126sebun1.jpg

採光窓がコの字型にグルリと半周し、
中心には太陽電池パネルが18枚、
おそらく京セラ事業用システムの208wで
定格最大出力は208×18=3.7kwか。


パネルには傾斜がついてないようだ。
一般的な住宅では傾斜がついていてホコリが雨で流れる。
降雨でホコリが流れにくいから、マメに掃除をしなければならないだろう。


次に店舗内へ

1000126sebun3.jpg


トップライトは光を拡散する乳白素材のような感じで
蛍光灯照明のようだった。


そしてLED照明。
白色と電球色が半々くらいで点灯している。
京セラ製で全てセンサーで自動に明るさを調整するとのこと。


入って見た感じでは通常のコンビニより照明は落としているような感じなんだけど、
電球色が混じるせいか安っぽくなく、暖かみとともにむしろ高級感があった。


ちなみに太陽がほぼ真上にある時は照明が消えるとのこと。
他に大型冷蔵庫の照明もLEDとのことでした。


さて店長さんに尋ねたところ
・太陽電池パネルの洗浄は月に1回程度
・一般的な他の店舗と比べて月5万くらい電気代が安いとのことでした。


しかしkazが惜しいと感じたのは屋根
3.7kwだけでは、せっかくの広い屋根の一部だけなのでもったいない。

1000126sebun7.jpg

この屋根なら15kwぐらいは載せられるかなという印象。


その理由はおそらく
※店長さんはあまり知識がなかったようで、
知らないこともありました。


パネルの傾斜角度からも発電量は夏場が多く
また売電せずに全て自己消費とのことなので真夏の昼頃の

ピーク需要時のベース電力を超えない程度に抑えている???
※最初の写真にあるように発電量は正午が一番高い山のようなカーブを描くのです。



実際には売電単価1kw=48円と
10年程度で投資回収が可能なのは、一般住宅に限られているので

このような業務店舗では(PR目的の方が大きいため???)
最小限の発電量なのかなとの印象


年間予測発電量は後に京セラHPより試算したところ約3500kwhでした。



確かに環境配慮型店舗は素晴らしい。
今後どんどん増えると思うけど
しかし、それでも


2008年度1店あたりの平均178、000kwh/年
から30%となる53、000kWh/年の削減なので

(kazの自宅事務所システムの年間予測発電量6000kwh=予測電気使用量の約30倍!)

売電も行い、もっと積極的な発電すれば
日本の業務部門全体のCO2削減に
もっと大きく寄与できるのになあという印象。

※コンビニや商店、オフィスなど「業務部門」は1990年比CO2は+44%とのことです。


というものの、この店舗、太陽電池で発電した電力を直流のまま消費したり
(パワコンロスがない)

実際には太陽光発電での削減幅はそれほどではないけど、
それ以外のエコ技術を組み合わせたりと
いろいろ工夫が隠されているようです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

01 : 45 : 44 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<未来型ガソリンスタンド | ホーム | 栂池バックカントリー>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/533-3e89892b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。