スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

チャレンジ25

先日15日kazの元に案内メールが届きました。
今回はその内容の話となります。

kazは2007年から「チーム・マイナス6%」に参加してきましたが


※ただし「エコに気を遣っています」と自信を持って(?)言えるなったのは
太陽光発電システムを導入してからなんだけど。。。



で、今度その国民的運動が、
「チャレンジ25キャンペーン」
と変わるとのこと。



※参考:環境省HP
http://www.challenge25.go.jp/index.html


1990年比温室効果ガス25%削減に向けて始動だそうです。



>チーム・マイナス6%のチーム員の皆さまには、引き続き、新しい国民運動
>「チャレンジ25キャンペーン」の『チャレンジャー』になっていただきたく
>ご案内しております。


と案内内容のことで
kazも一応継続して会員になりました。





さてこのチャレンジ25ですが、
「国民的運動」として気になったことが一つ



従来のこのロゴ

100122-6.gif

これは家電製品から、名刺、HPまで
地球から伸びる横線を伸ばして上下にメッセージを書き入れる
などかなり浸透して親しまれている(?)と思うので



出来ればこの基本デザインは生かした方が良かったのでは...と感じます

100122-25.jpg

※新しいロゴ
まだ見慣れませんね~。



さてまあ、デザインはともあれ



この25%、一体実現可能なのか?
実は以前のマイナス6%の時でも、1990年比マイナス6どころか、プラス7%くらいでずっと推移し


直近の金融危機にともなう不況で
産業部門が大幅に減産などの影響で、多少下がったものの1.8%増


で2008年の第一次約束期間は未達成とのこと。
しかも家庭部門は1990年比プラス40%ほど増加しているという。



現状このままでは相当キビシイ???

と言えそうです。




さて、国益に結びつつ、本気で25%削減を実現するため
今後の大胆な政策に期待したいところですが...



個人的にはアラブやロシアが焦り出すくらいの標語

「グリーンエネルギー革命」

を掲げるぐらい、相当ラディカルでないと実現不可能だと思うんだけど...。


具体的には


・太陽光発電の大幅な生産拡大、導入
・トラックやバスまでも含んだEV化(長距離にはバッテリースワップ方式か?)
・同じく国家政策としてさらなる太陽電池と蓄電池技術の向上


でしょうか.




温暖化防止など環境面でも重要だと思いますが
景気浮揚や健康面(EV=排ガスがない)からもきっといいことがあると思います。



昔の高度経済成長の時代と
現在とでは世界情勢なども全く異なるので



化石燃料を頼り切った構造からのパラダイムシフトを進めないと
資源が乏しいこの国は


ますますジリ貧となり、10年後、20年後に
やがて重大局面を迎えることになるのでは、と危惧しています。



が、まあそれに対抗する動きも当然あるわけで
今後の環境エネルギー技術に期待していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

00 : 41 : 10 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<栂池バックカントリー | ホーム | 高尾山:稲荷山コース>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/531-cf41bc9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。