スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

電気自動車、三菱 iMiEV 試乗

話題の電気自動車、三菱アイミーブ を試乗してきた。

091206imiev1.jpg


サイドのドアにはコンセントのロゴとMiEVとのマーク
Mitsubishi Innovative Electric Vehicle の略とのこと

091206imiev2.jpg


早速、助手席にディーラーの営業さんが座って公道をテスト走行。

スイッチは通常のエンジンスターターと同じ位置にある。
もちろんEVなので音はしないで、計器類にランプが点灯するのみ。

この車は軽自動車のカテゴリーになるが、トルク感など、パワーの感じ方は
軽自動車よりもはるかに上だ。普通の自動車とも全く違う。


まず、出だしの加速が驚くほど早く力強い。
それもエンジンがうなる訳ではなく「ヒューン」とかすかなモーター音だけだ。


これは内燃機関と違い、
モーターは低速域から最大のトルクが得られるからだという。
なんでもガソリン仕様のi(アイ)と比べて馬力は25%アップだが、
トルクに関しては3倍大きいという。

上り坂も実にキビキビと登る。


それでいて静かだ。
これは、EVならではの異次元の世界だから、実際に体験してないと
分からないかもしれない。


091206imiev3.jpg

前を走る車は今売れに売れているハイブリットカーのプリウス、
EVはHVをを将来超えるか???


試乗後いろいろ質問して確認してみる。

ヘッドライトは今流行の省電力なLEDとのこと。
091206imiev5.jpg

心臓部には現在HVの主流であるニッケル水素電池ではなく、
より高密度で、新世代の二次電池となる、リチウムイオン電池が積まれている。

家庭用コンセントから充電が可能で、満充電まで16kwhの電力が消費される。

これで最大160km走行可能とのこと。
一般家庭の従量電灯契約では、電気代が1kwh=24円なので384円、

しかしKAZのようにオール電化契約だと、23~7時の深夜料金だと1kwh=9円
なので、わずか144円となり、走行コストはガソリンの実に1/6程度とのことだ。



環境性能ではCO2排出量は、電力会社の電力で充電した場合、
ガソリンを使用した場合と比べて1/3になるという。

さらに、太陽光発電など再生可能エネルギーで充電した場合、
文字通りゼロエミッションが可能となる。
091206imiev7.jpg


ちなみに本日の発電量は1日中快晴で24.8kwh(三洋HIT5.0kw)、
アイミーブの充電にも余裕なほど発電した。


091206imiev6.jpg


実際には現在、1kwh=48円で売電できる太陽光発電の余剰電力が
少なくなってしまうことからも、やはり深夜の充電が経済面からも有利ではあるが...。


さて、このアイミーブ革新的で魅力的ではあるけど
実際に買うかどうか?
091206imiev4.jpg
※テールのロゴ

現段階では、メインに使うとしたら、来年春からのチジュールの通勤用。
それと休日の買い物やら街乗り用となるか。

この用途だと航続距離160kmは十分だが、、
冷暖房を使用したら航続距離はもっと短くなるとのこと。


片道100km程度の近距離の取材で、充電インフラが整った場所に行く時に、
KAZも、環境面と経済面から積極的に利用したいところではある。


しかし車両価格は定価約460万と決して安くはない。
しかし、約140万くらいの国補助金や自治体補助金も現在はあるとのこと。
神奈川県では70万くらいの補助があるらしいが、東京はあるのかな?


いずれにしても、来年のことはまだ正式には決まってないらしい。


まあ、実際には、その補助金やら、その他補助制度次第?
でも魅力的であり、環境・エネルギー政策に対する
応援の意味を込めて候補の一つとしたいところ。



電力会社を始め、法人向けには既にリースの形式でで走っているそうですが、
個人向けには来年春からとのこと。

参考:三菱自動車HP
http://www.ev-life.com/

これからのクルマ社会を感じさせる1日だった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

21 : 34 : 03 | エコライフ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<鎌倉 | ホーム | 電気使用量のお知らせ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/501-747c9c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
軽自動車のすべて 2009年 (モーターファン別冊 統括シリーズ vol. 12... アマゾン情報局【2009/12/12 11:45】
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。