スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

シャープ、変換効率35.8%の太陽電池セルを開発…世界最高

本日の明るいニュース

以下、レスポンス配信記事より引用

...............................................................
シャープは、化合物3接合型太陽電池で、太陽電池セルの世界最高となる変換効率35.8%を達成した。

化合物太陽電池は現在の主流であるシリコンを材料として用いた太陽電池と異なり、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を持つ変換効率の高い太陽電池。化合物3接合型太陽電池の高効率化には、各光吸収層(トップ層・ミドル層・ボトム層)の結晶性(原子の規則正しい配列性)の向上と太陽光エネルギーを最大限利用できる材料構成が重要となる。

今回、独自の層形成技術によって、従来難しいとされていた「結晶性を高めたInGaAsの層形成」を実現、これにより無駄となる電流を最小限に抑え、従来31.5%だった変換効率を35.8%まで高めることに成功した。

今後、今回の開発成果をいかして太陽電池の高効率化を進める方針だ。

......................................................................................

kazは三洋電気を採用しましたが、

現在、住宅用太陽光発電システムの国内販売シェア1位はシャープです。



このところCMでも「世界のソーラーカンパニー」「救うのは太陽だと思う」
と攻勢を強めているシャープです。


ところが現在、世界シェアで見ると、ドイツや中国などの新興メーカーの急速な台頭により
2005年の24.3%が2008年には6.8%に急落しているとのこと。


そこで温暖化防止とともに、この産業で世界シェアの奪回を目標として

まず、足固めに国内で
爆発的な普及や認知に向け、テコ入れを計るべく、



今年から国補助金の復活や、自治体補助金の創設と相次ぎ、
さらに来月から日本版FIT制度導入=売電単価倍増


と続き、

実際に太陽電池の国内出荷量は前年比80%増。
新築住宅でも太陽光発電が標準装備となりつつあるなど


成長分野となっているようです。


国内各メーカーも技術革新をしっかりと進めて
「国産エネルギー」として、
脱化石燃料依存を計るべく
ガンバってほしいですね。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

21 : 18 : 20 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ロクスノ表紙撮影 | ホーム | 蝦夷子鹿ロース>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/473-3edc0b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。