スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

聖平植生保護事業

さて、光岳からの縦走の続きです。
テーマが別になるので新しい記事として書きたいと思います。


聖平に約13時30分着、
この日聖平まできたもう一つの理由。

090920tekari13.jpg



それは静岡県に本拠に、
南アルプスの高山植生の保護活動をおこなっている保護団体である


南アルプス高山植物保護ボランティアネットワークによる活動が、午後に聖平で行われる

からだった。

この組織は今年初めて知ったが、「岳人別冊夏山」のシカ食害記事をまとめた時、
いろいろと協力をしていただき、
非常に熱心かつ精力的に活動を行っていることを知った。


三伏峠や聖平でシカ食害防止フェンスを設置したり、その補修作業を始め、
登山道の荒廃に関しても土砂流出防止ネットを敷いたりしているという。


一度、その活動状況を実際に目にしたいと思っていた。
9月に塩見岳でシカ食害と、それに伴う土壌流出で荒廃したお花畑の
保護作業を取材したいと考えていたが、スウェーデンへ出張のためかなわず。

せめて、この聖平での作業でもと考えたのだ。

ところが、茶臼岳から聖平への途中に、ボランティア作業に参加された10人以上の方々と
多くすれ違い、午後の作業予定が午前に変更されたことを知る。

しかし事務局のUさんと、調査研究で同行している、大学助教のSさんは聖平に残り
引き続き調査を行っていると聞いた。

まず聖平小屋の前に設置されている看板が目にとまる
090920tekari15.jpg


その左を見てみる。
090920tekari14.jpg

少なくとも昭和61年以前には、ここがニッコウキスゲのお花畑だったことが分かる。

主にシカによる食害の影響を強く受け、ニッコウキスゲは姿を消してしまったという。




設営後しばらくして、UさんとSさんと合流、調査に同行して一通り案内してもらう。

090920tekari11.jpg

現在、聖平にはおもにシカ食害の影響を調べるための防鹿フェンスが3つあり、
まず、こちらの10×10mのは最も古く、平成14年にできたという。
その後柵内では徐々に植生が回復し、
平成19年にニッコウキスゲが開花するまでに至ったという。



写真は秋のためやや分かりにくいものの、柵内は群落高さ1mほどの
セリ科植物を始め、ざっと見てもオオカラマツ、センジョウアザミ、ハクサンフウロなど
典型的な亜高山帯・高茎草原群落らしく、密度が高くびっしりと生えていた。


ハクサンフウロは秋に真っ赤に紅葉する。
やはり80cmくらいまで高くなるのだ。

柵の外のは対照的だったのでお見せしたい。

090920tekari17.jpg

こちらは前日、光岳の草地で見た個体。

高さは5cmもなく、葉は地際に数枚しか出てなく、
食べられながらも必死になんとか花を一輪だけ咲かせていた。
※手前の赤い葉がハクサンフウロです。


新しい方の防鹿フェンスの外では
090920tekari10.jpg

シカが蹄で地面をさかんに掘り返していた跡があった。


SさんはGPSを使って食害状況を調べ、後にGIS地図を作成するという。
090920tekari12.jpg

Uさんは登山道荒廃のため、
土壌流出防止ネットを張った地面で地温の測定や、
監視カメラデータ回収など作業も日没まで行っていた。

090920tekari16.jpg

この他、指摘されている温暖化による積雪の減少などもデータを得ようとしたり、
地道な活動をしているのだ。

これら実地に基づいた盛んな活動が評価され、
南アルプス高山植物保護ボランティアネットワークは

平成21年4月28日に、
「自然環境功労者環境大臣表彰」を受賞したという。



そのUさんとSさんとで、夕食後小屋で3人でいろいろ話をした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

21 : 03 : 13 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<光岳~聖岳縦走3日目 | ホーム | 光~聖岳山行2日目>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/461-b2d50528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。