FC2ブログ

明神岳主稜

22~23日と上高地へ。

小梨平キャンプ場で久々にテント泊。23日は明神岳を目指した。


明神岳には一般登山道がなく、岩稜バリエーションルートとなる。
岩登り技術を含む総合力が要求されるルートだ。


明神5峰には以前登ったことがある。
この時は当時仕事をしていた環境コンサルで、環境省の1/25000植生図の作成業務に関して。


長野県の植生図資料でこの稜線に「雪田草原」があり、疑問に感じて確認がてら登った。
結果、雪田らしい植生パターンは確認できなかった。

主峰の東稜には別の機会にソロで登ったことがある。1カ所のみ岩場の核心部があったと記憶している。


今回、5峰から主峰へ登るのは初めて。

1カ所懸垂下降がある関係で、9mm×50mロープ、ハーネスなどが必要となる。

単独なので念のため、ツェルト、ハーケン2枚、非常用アッセンダーなども準備しておく。



5峰からの稜線と背景に上高地と霞沢岳、焼岳。


090825myujin2.jpg


この稜線にはクモマスミレも多く、中にはまだ花をつけているものもあった。
090825myujin3.jpg


3峰は岳沢側をトラバースして巻く。


2峰の下りは懸垂下降2ピッチ
090825myujin7.jpg


そして今回の撮影目的、シロバナチシマギキョウ

090825myujin5.jpg

前穂北尾根でも以前見たことがある。


明神岳から前穂高岳までもルートファインディングが要求される。
下りでは懸垂をしたとの記録もあるようだ。

それにしても涼しい。
前穂高岳山頂ではもう秋の空が広がっていた。

遠望に富士山と南アルプス
090825myujin8.jpg

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

23 : 08 : 22 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<八ヶ岳取材 | ホーム | 白馬3日目>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/442-827a4f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード